学生におすすめのクレジットカード

クレジットカードを学生が持つ時におすすめのテクニックとクレカランキング

クレジットカードは、学生になると初めて持てるようになるものです。ですので、クレカの知識がないのは当たり前

 

この「学生クレジットカードナビ」では、学生目線で見た時の各クレジットカードのメリット、デメリットを包み隠さず発信していくことを目的としたメディアです。
本当の事を言ってしまっている分、クレジットカード会社様からの力に屈しないように頑張らなければ…
役に立ったと思ってくれた方は、このメディアを存続させるためにもぜひこのサイトから経由して申込みをお願いします(それが、当サイトの評価になります)。
クレジットカードを初めて作る学生さんにはぜひ参考にして頂きたい情報です。

 

目次

クレジットカードは平均一人何枚持ってるの?

「大人になったらクレジットカードを持つもの」というイメージを持っている学生の方は多いかと思います。
確かに、大人になってお金を自由に使えるようになると、買い物やサービス代金を支払う機会も増えるため、クレジットカードを持っていた方が便利なことが多々あります。

実際、クレジットカードはどの程度普及しているものなのでしょうか。
一般社団法人日本クレジット協会」が公表している「日本のクレジット統計(2016(平成28年度)版」から、クレジットカードの普及に関する情報をいくつかお伝えします。

 

契約数の推移

【出典】日本のクレジット統計(2016(平成28年度))版

クレジット契約数は、平成28年度(2016年度)には2億4619万件で、平成25年度(2013年度)から毎年250万件以上増加しています。
インターネットショッピングが年々普及していることから、決済に便利なクレジットカードも普及がさらに進んでいると考えられます。

平成28年度の日本の人口が約1億2708万人なので、日本国民全員が1人約2枚クレジットカードを持っている計算になりますが、当然、高校生以下の方はクレジットカードを持つことはできません。
では、クレジットカードを持っている人には、どんな特徴があるのでしょうか。

 

クレジット契約数の年代構成比(%)
年代構成比

この表は、クレジット契約をしている人の年代構成比を表しています。
年代が上がれば上がるほど、クレジットカードを持つ人が多くなることがわかります。

ただ、注目すべきなのは、22歳以下でクレジットカードの契約をしている人が増えていることです。
インターネットショッピングに抵抗が少ない若い世代では、決済のためにクレジットカードを持つことが当たり前になりつつあるのでしょう。

 

「大人になったら」「社会人になってから」クレジットカードを持つという感覚から、より早くクレジットカードを持ってポイントを手に入れたい、国内や海外の旅行で便利に使いたい、といった感覚に変化しつつあるのかもしれません。

 

また、40歳以下の比較的若い年代では、女性の契約者数の方が多いことも特徴です。
ファッションや美容といった関心の高い女性の方が、より若い頃からクレジットカードを利用して買い物をする機会が多いのだと思われます。

都道府県別

都道府県別に見ると、岡山・東京・神奈川が220%超と、普及率が非常に高くなっています。

逆に、普及率が低いのは鹿児島・宮崎・沖縄です。
これらの都道府県では、クレジットカード決済ではなく、現金で買い物をする機会の方が多いのかもしれませんね。

地域によって違いはあるものの、すべての都道府県で普及率が100%を超えていることから、クレジットカードは日本国内全体で非常に普及していると言えるでしょう。

 

クレジットカードを学生が持つのは怖い?危険な点は?

大学生になると、高校生と比べて圧倒的に自由度と選択肢が広がります。
大学生になると出来るようになることの一つが、クレジットカードを持つこと。

 

まだクレジットカードを持ったことがない学生さんの中には、怖いと思っている人もいるかと思います。

 

怖いと思われる理由は、大きく2つに分かれるのではないでしょうか。
  1. クレジットカードを使いすぎるなどして引き落としができなくなってしまい、クレヒスに傷がついたり、借金になるのではないかという懸念。
  2. クレジットカードを不正利用されるのではないかという懸念。

 

クレジットカード利用の不安

 

1.に関しては、支払い限度額を超えないようにするには、節度を持って使うしか方法はありません。ただし、上限を超えるとそもそもクレジットカードが切れなくなる(使えない)ので、気にすることはありません。上限に達することは何も問題はありませんし、もちろんクレヒスにこれだけで傷が付くことはありません。
また、支払い方法を分割払いやリボ払いにしなければ借金になることはないので安心してください。

 

ただし、学生の場合はそもそも月に使える金額が制限されており、それ以上使おうとするとクレジットカードが使えなくなるため、とんでもない金額になることはそもそもありません。

 

2.に関しては、確かにあります。
クレジットカード不正使用額被害に関する統計では、平成28年度のクレジットカード不正使用被害額は140億円以上となっており、ここ3年間では毎年増加しています。
そのうち62.4%がクレジットカード番号の盗用による被害、21.6%が偽造カードによる被害です。また、偽造カードによる被害については海外で多い傾向にあり、偽造カードによる被害の65.6%が海外で起きたものでした。
海外で盗難にあったクレジットカードから、偽造カードを作られてしまい、不正に利用されるのは、とても怖いことですよね。

 

実は筆者も、海外へ持っていってもいないクレジットカードを不正利用されたケースがあります。
ただ、今はかなり各社セキュリティ対策を打っていますし、私の場合もそうでしたがカード会社から確認がかかってきて、不正利用の分は取り消してもらえたので損はしませんでした。
盗難の被害にあった場合でも、クレジットカードであれば、現金とは異なり、クレジットカードの利用停止をしてもらったり、不正利用分の取り消しをしてもらったりすることができるのです。

 

また、このあたりのセキュリティに強いのが、大手銀行が母体の三井住友VISAカードですので、心配の方はこちらのクレジットカードを選ぶことをおすすめします。24時間365日セキュリティですし、不正利用時の返金保証も明示されています。

 

学生がクレジットカードを持つメリット

一方で、学生がクレジットカードを持つメリットはとても大きいものです。当メディアとしましては絶対にクレジットカードを持つことをおすすめします。
いくつかメリットはあるのですが、複雑なものもあるのでここでは3点に絞りました。

持つメリット

1.クレジットカードで払った分だけポイントが溜まりお得

現金払いと違い、クレジットカードで支払うと、ポイントがもらえます。この貯めたポイントは、カード会社によって使い方が異なりますが基本的には特定の支払いに使えるなど、現金の代わりに使うことができます
これは、現金払いからクレジットカード払いに変えるだけで良いので、とても簡単です。

 

2.旅行時の付帯保証が付くものがある

特に海外旅行へ行く場合は、海外では日本の保険が効かないため、万が一のために必ず保険に入ることをおすすめされます。
その保証が、一部のクレジットカードには付帯してるのです。
ただし、無条件につくものもあれば、事前に旅行代金を払っておかなければつかないものなどもあり、注意が必要です。

 

3.クレジットカード申し込み時にポイントがもらえる

クレジットカードの中には、カード受け取り時であったり、そのカードを実際に使ったときなどにポイントがもらえるものがあります。このポイントが数千円以上つくクレジットカードもあります。
年会費無料でもポイントがもらえるクレジットカードがたくさんありますので、本当にお得です。
私に言わせれば、クレジットカードを持っていないのはお金をドブに捨てているのと同じです。逆に、使っているだけでポイントが溜まるのは、本当に快感ですよ。

 

なぜ、クレジットカードはポイントがもらえるのか

クレジットカードは、支払うだけでポイントももらえる上に、申し込んだだけでもポイントがもらえる
全くデメリットがないように見えますよね?
クレジットカード会社はそれでいいのか、どうやって稼いでいるのか、気になりますよね。リボ払いやキャッシングの利子で稼いでいると思われる学生もいるのではないでしょうか?
実際そこもあると思いますが、実はクレジットカードには秘密があります

 

それは、クレジットカードの導入者がクレジットカード会社へ手数料を払っているのです。
当然、クレジットカード会社によってや、サービスレベル等によっても変わりますが、大体クレジットカード支払額の3%~5%をクレジットカード会社に支払っています。
この中から、学生のみなさんに1%ポイント還元したり、キャッシュバックしたりしているのです。もちろん、セキュリティにお金を当てたりもしているわけです。

クレジットカードの決済フロー

ですので、実はクレジットカードを使っている利用者にとってはデメリットがない仕組みなのです。
たまにクレジットカードお断りのお店があると思いますが、これはこの手数料を払いたくないというのもあるはずです。お店側からすると現金で払ってくれた方がラッキーなのですが、クレジットカードが使えることで利用者も増えるので止められないわけです。

 

これが、クレジットカードのからくりです。
ですので、学生のみなさんは安心してクレジットカードを使って、ポイントを貯めていいんです
ちなみに企業側も、この手数料を計算してサービス価格を決定しているので支払い側が気にする必要はありません。もっと言うと、ちゃんと計算して価格設定している会社は、クレジットカードの手数料分、売値を上げているはずです。ほんの数%ですが。
そうなると、クレジットカードを使わない方がむしろ損ですよね。

 

学生がクレジットカードを初めて持つならチェックしておくべきポイント

クレジットカードを学生が初めて持つ時に気を付けるべきポイントは何でしょうか?
当サイトでは下記の観点でクレジットカードを選ぶことが重要であると考えています。

初めて持つときのポイント

1.クレカの年会費が無料であること

クレジットカードは、ポイントを貯めるだけではなく様々な付帯サービスが付いているものもあり、年会費がかかるものもあります。ですが、正直学生のうちは年会費が有料のクレジットカードを持ったほうがいい学生さんは稀です。
ですので、クレジットカードを初めて持つ学生さんであれば、ほとんどのケースで年会費無料のクレジットカードを選んでください

 

2.リボ専用クレジットカードではないこと

クレジットカードの中には、リボ払い専用のクレジットカードがあります。このカードは、学生にとっては害のあるクレジットカードと当サイトでは考えており、おすすめしておりません。なぜなら、利子がかかるからです。ポイントを貯めるために作ったカードで、逆に利子を払わなければならないなど、本末転倒もいいところです。
また、それらのクレジットカードに限って、還元ポイントが高いとうたったり、高額のキャッシュバックがついていたりします
また、売る側もそちらの方が売りたいのでそれを分かりづらくして紹介しているメディアもあるのが事実です。
他のクレジットカードメディア全てがそうではないのですが、そういうたぐいのメディアが混じってしまっているのが事実です。

 

3.高還元率もしくは傷害保険がつくクレジットカードであること

年会費が無料で、かつ学生さんが持てるクレジットカードとなると、そのカードのメリットは大きく表題の2つ高還元率であるか、海外旅行、国内旅行時の傷害保険が付くかのいづれかがほとんどです。
またどちらもメリットがあるのですが、どちらも一番優れているというカードはありません。

 

4.クレジットカードのセキュリティが安心・安全であること

特に初めてクレジットカードを持つこともあり、クレジットカードが不正利用に強かったり、
いざとなった時にすぐに連絡して、対応してもらえるクレジットカードかどうかという点も重要です。
やはり、不正利用はまだ存在します。筆者も実は不正利用された側の人間です。しかも、自分は海外で利用もした事ありませんし、変なサイトで支払った事もありませんでした。全く身に覚えがないのです。あの時は本当に不安でしたね。
あたりまえですが、クレジットカードの不正利用はない方が良いのでちゃんとした会社が発行しているクレジットカードを選ぶ事も重要です。セキュリティ対策にかけているお金も会社によって異なります
ここはクレジットカードを申し込む学生からするとあまりメリットが見えにくいのですが、筆者はかなり重要なポイントであると考えています。

5.見た目のデザインが良いクレジットカードであること

クレジットカードを一度持つと、使えば使うほどお得であることがすぐに分かると思います。
そうなると当然クレジットカードの利用頻度が増えるのですが、それに伴って自分の使っているクレジットカードが他人に見られることが増えます。お店の定員さんであったり、列に並んでいるお客さんだったり、恋人であったり。
かっこいいからという理由で、年会費を払ってゴールドカードを持っている人もいるくらいですからね(笑)
合コンの時の支払いで見られたりや、人によっては財布の見えやすい位置にステータスの高いカードを入れておく、といったテクニックをされている方もいます。
普段使うものなので、服や小物などと同様に普段使いのアイテムの一つですから、デザイン面も重要です。
これは、クレジットカードを何回か使っていると感じると思います。スマホも、格安スマホも安くていいけど、やっぱりiPhoneがかっこよくて持ちたいというのと似たような心理です。

 

学生はクレジットカードのリボ払い、マイペースリボは申し込まない方が無難

クレジットカードの中には、カード申し込み時にこのリボ払いやマイペースリボへ申し込むことで、高額のポイントがもらえたりするカードもあります。中には、何も知らずに申し込んでしまう学生さんも多いのではないでしょうか。

 

ただしこれは、とても危険です。

リボ払い危険

リボ払いとは何かというと、リボルビング払いの略で、毎月一定の金額以上は引き落とされないクレジットカードのことです。
例えば、3万円のリボ払いを設定していて、5万円分のクレジットカード払いをすると、この5万円自体は正常に使うことができます。そして、カードによって異なりますが大体月末に3万円が口座から引き落とされます。

 

では、残りの2万円はどこへ行ったのでしょうか?

 

この2万円は、「借金」という形になり、利子が発生します。仮に次月以降に1万円以内の支払いであれば、残額の2万円が、リボ払いの3万円に含まれるため次月で完済されます。

 

逆に、次月もクレジットカードを5万円使ってしまった場合は、この未払いの金額が4万円に増え、この4万円に対して利子がつく形になります。
これが繰り返されることで、知らない間に借金が膨れ上がっていた、なんてこともあり得ます。
かなり危険な支払い方法と言えるため、ちゃんと支払い管理が出来る方でないと使いこなすのが難しいクレジットカードの支払い方法です。
まだ自分で稼いで、自分で支払って、といったリアルなお金のやりくりを経験していない学生さんがこの支払方法を使いこなすことはかなり難しいので使わない事をお勧めします。

 

同時申し込みのポイントがどうしても欲しいという方は、一度申し込んだ後で忘れないうちに解約しましょう。

 

学生のクレジットカードのおすすめの持ち方(枚数)

学生がクレジットカードを持ち、最大限のメリットを享受するためにはどうすれば良いでしょうか。
それは、クレジットカードを2枚以上持つことです。実は、クレジットカードは複数枚持つことが可能です。ただし、審査に落ちることもありますので必ずとは言えません。
また、2枚目のクレジットカードを申し込む時は、2,3ヶ月待ちましょう。1枚目のクレジットカード申込みは、主に親の信用に対する審査を行いますが、2枚目は1枚目のクレジットカードの支払い履歴をもとに審査が行われます。そのため、1枚目のクレジットカードの支払履歴がなければ2枚目のクレジットカード審査に通ることは難しいでしょう。
(ただし、クレジットカードの審査基準に関しては詳しいことは教えてくれませんし、各社ごとに違ったりしますので100%ではありません)

 

学生におすすめのクレジットカードの申込み順

学生のクレジットカードの申込み順ですが、考えなければいけないことは「2枚目は通らないかもしれない」ということです。
全然学生でもクレジットカードを複数枚持ってますし、持てるのであれば3,4枚くらい持った方が使い分けができてお得に活用できます
ただ、クレジットカードの審査は基本的にブラックボックスになっていますし、クレジットカード会社によっても審査の難易度は全然異なります。
ということは、初めに申し込むクレジットカードを、一番使いやすくて便利なクレジットカードにしておくべきなのです。下記では、そのような観点から、まずは1枚目のクレジットカードとしておすすめするクレカをランキング化しました。

 

クレジットカードの見直しは必要か?

年間の契約件数・解約件数(万件)

契約数解約数

契約構成比

上の表は、年間でのクレジット契約の新規契約・解約の件数を表したものです。
契約件数が年々増加していることは既にお伝えしましたが、解約も1年に1,500万件以上されていることがわかります。

また、下のグラフは、クレジット契約からの経過年数別のクレジット契約構成比です。
契約から3年未満と、10年以上の契約の両方が増加しています。

 

このことから、1枚のクレジットカードを長く利用する人、3年程度利用した段階で解約し、新しくクレジットカードの契約をし直す人の両方がいることがわかります。

クレジットカードは、長期間利用することでポイントが貯まっていくことから、長く同じクレジットカードを使う方が多いでしょう。
その一方で、年会費が無料だったり、よく利用するサービスと提携していたり、ポイント還元率が高かったりと、より自分にとって条件のいいクレジットカードがある場合は見直しをすることも必要です。

 

2枚目以降のクレジットカードを作るのか、現在契約しているクレジットカードを解約して新しく作るのか、またどのクレジットカードを作るのか、ぜひ当サイトの情報を参考にしてみてください。

また、学生から社会人になって、安定・継続した収入を持つようになると、持てるクレジットカードの選択肢が大きく増えます。
より充実したサービスや、より高いステータスのクレジットカードを持てる可能性がありますし、新社会人が増える春先は、多くのクレジットカード会社が新規入会キャンペーンを行います。
春は、クレジットカード見直しのチャンスだと言うことができます。

 

学生にとっておすすめのクレジットカードは誰でも同じカードになるのでは?

学生にとっておすすめのクレジットカードは、結局どの学生にとっても同じカードになるのではないかと思われる学生もいるかもしれません。
これに対して当メディアでは、かなり似通ったクレジットカードをおすすめすることにはなるが、学生のライフスタイルや考え方によって若干異なると考えています。
ですので、下記のランキングに関しては、多くの学生にとって当てはまる順になっています。

 

クレジットカードを初めて学生が持つ時におすすめのカードランキング

おすすめカード
それでは、上記を踏まえた上で学生が初めて持つクレジットカードとしておすすめのクレカランキングです。

1位:【学生に強い人気】三井住友VISAデビュープラス

圧倒的な安心感と王道、高還元率のクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴

三井住友VISAデビュープラス

3ヶ月間は還元率2.5%、それ以降も還元率1%の、25歳以下しか持てない特別なカード。

 

【デビュープラスの評価】

手に入れるまでの速さ
還元率
付帯サービス
ポイントの使いやすさ
セキュリティ
申込時のキャッシュバック

【デビュープラスの詳細】

学生の申込み可否可(25歳までの限定カード)
カード年会費初年度無料、次年度以降は年間1回利用で年会費無料
ポイント還元率1%〜2.5%
傷害保険付帯なし
発行までの期間インターネット申込みで最短3営業日
カードブランド
電子マネー対応

三井住友VISAデビュープラスのおすすめポイント1:ダントツの安心感

初めてクレジットカードを持つ学生にとっては、分からない事ばかりだと思います。クレジットカードを持っていて、何か損をしないのではないかという思いもあると思います。
クレジットカードを持っていて損をするのは、冒頭で述べたように「不正利用」されたケースです。
実は私も昔高ポイント還元率の某クレジットカードを使用していた時に、日本にいたにも関わらず海外からの不正利用がありました。
その時はクレジットカード会社から連絡がありましたし、問題なかったのですがカード会社からのやり取り等でかなり無駄な時間が取られ、本当に面倒でした。
カード番号が盗まれていたということで、そのクレジットカードを今後使うのはセキュリティ上良くないため、もう一度発行して下さい、といった形になったので、面倒ですしまた巻き込まれるのが嫌なのでそのまま解約しました。

 

そういったセキュリティに圧倒的に強いのが、三井住友VISAカード、デビュープラスです。
三井住友銀行の傘下であり、母体が金融の会社であることからも分かるように、セキュリティレベルは最高クラスを誇ります
まず、クレジットカード自体にICチップが内蔵されており、偽造や不正利用に強い仕組みになっています。
その上で、不正利用の監視体制は24時間365日国内・海外ともに、紛失・盗難が万が一発生してもすぐ連絡がつく安心感があります。この心理的な安心感は強いですね。
またショッピングで買った商品に対しても、年間最高100万円の「お買物安心保険」がついてくるという点も嬉しいポイントです。
三井住友VISAデビュープラスで購入しさえすれば、万が一商品が壊れたり、盗まれたりした場合に、90日以内であれば自己負担額3,000円で、100万円まで補償してくれます。ですので、家電製品や家具など、大きな買い物をする時は間違いなく使っておいた方がお得です。

 

三井住友VISAデビュープラスのおすすめポイント2:最高クラスのポイント還元率

三井住友VISAデビュープラスは、1,000円ごとに2ポイント貯まります。
これは、通常の三井住友VISAカードの2倍の還元率です。
また、三井住友VISAカードは非常に分かりづらいのですが、1ポイントが5円相当の価値を持っています。よって、1,000円ごとに10円分の還元がもらえるので、つまり還元率は1%ということになります。これは、クレジットカードの中で最高クラスの還元率です。

 

そしてさらになんとこの三井住友VISAデビュープラスカードは、入会後3ヶ月間は、通常の三井住友VISAカードの5倍ポイントが付きます。
つまり、1,000円ごとに5ポイント貯まることになり、円換算すると5ポイント×5円 = 25円となり、還元率はなんと驚異の2.5%になります。

 

正直、ここまでの還元率のクレジットカードは、年会費が有料のクレカであっても滅多にありません。
何か大きな買い物、例えば家電を買う、ベッドを買う、家具を買う、旅行へ行くなどを考えている学生は、ぜひこの三井住友VISAデビュープラスをおすすめします。
4ヶ月目以降も最高クラスの還元率であり、今回のご紹介するクレジットカードの中でも同率1位高さを誇るの還元率ですから、全くもって還元率に問題はありません。

 

三井住友VISAデビュープラスのおすすめポイント3:どこで使っても恥ずかしくない

クレジットカードの中には、あまり外では出したくないようなデザインやブランドのカードも実際にはあります。友達と遊びに行く時、デートに行く時にクレジットカードの出番は多いですが、その時にどうしても目についてしまうのがクレジットカードのブランドです。
(筆者は、大人がゴールドカードをお店で使いたい気持ちが良くわかります。)
一方でこの三井住友VISAデビュープラスカードであれば、学生の中では王道のクレジットカード。ちゃんとしたブランドのクレジットカードで、デザインも申し分ないです。

 

三井住友VISAデビュープラスのおすすめポイント4:そのまま使っていれば26歳でゴールドカードにランクアップ

三井住友VISAデビュープラスは、25歳までの限定カードです。このクレジットカードは26歳以降になると、なんと三井住友VISAプライムゴールドカードへランクアップすることが出来ます。
ゴールドカードは、とてもステータスの高いカードで、持つことが出来る人も限られています。そのゴールドカードを持つ権利を持てるのがこの三井住友VISAデビュープラスの特徴です。
もちろん、別のクラシックカードへ切り替えたり、解約することも可能です。あくまで、権利が手に入るということです。将来、自分がどうなるか今の段階で予測するのは難しいので、選択肢の一つとしてあるといいでしょう。

 

三井住友VISAデビュープラスのおすすめポイント5:クレジットカードを使える場所が多い

VISAカードは、世界で最もシェアが高いクレジットカードブランドです。ですので、最も多くのお店、ネットショッピングで使えるクレジットカードとも言えます。
世界的なクレジットカードのため、もちろん海外でも使えます。海外旅行の際もVISAブランドを1枚持っておけば安心と言えます。

 

三井住友VISAデビュープラスを学生が持つデメリット

正直、デメリットというデメリットはないのですが、しいてという意味で挙げます。
  • 1. 100円単位ではなく1,000円ごとでのポイント換算
ポイントが溜まるのが1,000円ごとの単位となるため、100円1ポイントのクレジットカードと比べると最大で9円分の損をする可能性があります。
どういうことかというと、仮に支払額が51,900円だとすると、ポイントは51×2ポイント=102ポイントとなり、これは51,000円の時につくポイントと同じになるということです。多少は確かに違うのですが、正直3ヶ月間のポイントアップ率を考えるとそんなに関係ないのではないかと思います。
ちなみに9円だと、時給1,000円の学生さんが約30秒間働いた時に貰える金額と同じになります。
  • 2.海外傷害保険がついてこない
もう一つのデメリットは、海外傷害保険がついてこないということです。
ただこれは2枚目、3枚目のクレジットカードでカバーすることが出来ます。

三井住友VISAデビュープラスの学生の作り方、審査の申込み方

下記バナーをクリックして公式サイトへ飛んで頂き、必要事項を入力して申し込みして下さい。
※もちろん自己判断ですがマイペースリボは、申し込まない事をおすすめします。
当サイトからの申込みで、最大10,000円分のポイントが貰えます!マイペースリボを申し込まない場合は、4,000円分のポイントになります。

さらに今なら、当サイトからの申込みで最大10,000円がキャッシュバックマイペースリボを申し込まない場合は、4,000円分のポイントになります。

下記を↓をクリックしてお申し込みください。


 

2位:【大人になってからも使い勝手がGood】YJカード

常に1%以上の高還元率と、当サイト経由での申込みで8,000円分のポイントキャッシュバックが貰えるのがウリの最高レベルのカード

YJカードの特徴


YJカード(ワイジェイカード)

提示ポイントとあわせてTポイントがどんどん貯まるカード。

 

【YJカードの評価】

手に入れるまでの速さ
還元率
付帯サービス
ポイントの使いやすさ
セキュリティ
申込時のキャッシュバック

【YJカードの詳細】

学生の申込み可否
カード年会費年会費永年無料
ポイント還元率1%〜3%
傷害保険付帯なし
発行までの期間インターネット申込みで最短1週間
カードブランド
電子マネー対応なし

 

YJカードは、補償がついていないシンプルなクレジットカードなのですが、その半面、高還元率と高額のキャッシュバックが貰えるカードになります。複雑な事は一切ないので、そういう面でもクレジットカードを初めて持つ学生にもおすすめのカードです。
例えば仮に月々7万円分のクレジットカード支払いを行う学生さんであれば、
7万円×1%×12ヶ月 = 8,400円/年 のポイントが溜まります
さらにYahooショッピングであったり、ヤフオク!で時折開催されるキャンペーンでは、このYJカードを持っていればポイントが何倍も溜まるキャンペーンも行われるお得なカード。
またポイントもTポイントとして使えるため、例えば楽天カードと比較してもポイントが使いやすいという点が大きな違いです。
既にTポイントを貯めている学生さんも多いでしょうから、Tポイントをまとめて貯めるのでれば一番にオススメできるカードです。
Yahooショッピング使うという学生さんにはぜひおすすめしたいクレジットカードです。
またYJカードの申込みからクレジットカードが手に入るまでの時間は、1週間となっています。お急ぎの方は別のクレジットカードを選ぶ必要があります。
まとめると、YJカードのおすすめメリットは、
  1. 常に1%以上の高還元率なクレジットカード
  2. 年会費も永年無料なので安心。万が一使わなくてもノーリスク。
  3. 当サイトから申込みで8,000円分のTポイントが貰える。
  4. 貯めるポイントをTポイントにまとめることができる。
  5. Yahooショッピング、ヤフオク!を普段から使う人にはメリットがかなり大きい
逆にYJカードのデメリットとしては、
  1. 傷害保険等が一切ついていないクレジットカードである。
  2. 手に入るまで1週間待たなければならない。
  3. 学生でも一般でも、それほど違いがない(学生特権のお得感がない)
が挙げられます。
またYJカードはオプションで、月々490円を追加で支払うことで、YJカードを使って購入した商品が壊れたり、盗まれたりした時に大部分を負担してくれる「プラチナ補償」を付帯することが出来ます。さらなる安心が欲しい学生さんは、こちらを付帯しても良いでしょう。

さらに今なら、当サイトからの申込みで最大8,000円相当のTポイントがキャッシュバック
詳しくは↓をクリックしてチェック。


 

 

 

 

3位:【海外に行くなら大活躍】三井住友VISAカードクラッシック

海外旅行に行くならマストで持っておくべき万能カード。

三井住友VISAクラシックカードの特徴
三井住友VISAクラシック

三井住友VISAカードの人気カード。在学中の年会費無料と充実のサービスが嬉しい。

【三井住友VISAクラシックカードの評価】

手に入れるまでの速さ
還元率
付帯サービス
ポイントの使いやすさ
セキュリティ
申込時のキャッシュバック

【三井住友VISAクラシックカードの詳細】

学生の申込み可否可(学生専用カードあり)
カード年会費学生は在学中無料
ポイント還元率1%〜2.5%
傷害保険付帯最高2,000万円の海外旅行傷害保険(事前に旅費などを三井住友VISAクラッシックカードでクレジット決済することが条件)
発行までの期間インターネット申込みで最短3営業日
カードブランド
電子マネー対応

 


海外への旅行を考えている学生には、まずおすすめしたいのがこの三井住友VISAクラッシックカード。

海外に行く機会があるのであれば、三井住友VISAカードクラッシックカードがおすすめです。

また、三井住友VISAを作りたいが、年1回利用を忘れてしまうかもしれないという点が心配の方にはおすすめのカードです。

 

三井住友VISAカードクラッシックカードのメリットは、

  1. 学生期間中は年会費がずっと無料で安心
  2. 最高2,000万円の海外旅行傷害保険がつく
  3. 24時間365日の監視体制で、安心のセキュリティ。

 

である点が挙げられます。最高2,000万円の海外旅行傷害保険は正直大きいです。これだけで海外旅行の際の保険料の

代わりになるので、お得です。ただし、事前に旅行料金などを支払っておかなければならない点は注意が必要です。

 

さらに今なら、当サイトからの申込みで最大10,000円がキャッシュバック
詳しくは↓をクリックしてチェック。

マイペースリボを申し込まない場合は、4,000円分のポイントになります。



4位:【安定して使いやすい】楽天カード

言わずと知れた、年会費無料の楽天カード。楽天で買い物する学生には絶対におすすめのクレジットカードです。

楽天カードの特徴


楽天カード

年会費永年無料。高い還元率と楽天関連サービスでの使いやすさが魅力のカード。

 

【楽天カードの評価】

手に入れるまでの速さ
還元率
付帯サービス
ポイントの使いやすさ
セキュリティ
申込時のキャッシュバック

【楽天カードの詳細】

学生の申込み可否
カード年会費年会費永年無料
ポイント還元率1%〜3%
傷害保険付帯最高2,000万円の海外旅行傷害保険(事前に旅費などを三井住友VISAクラッシックカードでクレジット決済することが条件)
発行までの期間インターネット申込みで最短1週間
カードブランド
電子マネー対応

 

楽天カードを持つメリットは、

  1. 永年年会費無料で安心
  2. ポイント還元率が常に1%以上の優秀カード
  3. 楽天市場内で買い物すれば、ポイントがざくざく貯まる。

 

反対に、楽天カードのデメリットは、

・貯まるポイントが楽天ポイントになるので、楽天以外のポイントに変えづらい。

(ANAマイルにも変えられるが、凄く面倒。)

・広告メールがやたらと多い

 

ポイントの使い道の制約がありますが、それが気にならなければ高還元率の優秀なクレジットカードです。楽天で買い物する学生であれば必ず持っておくべきカードです。

さらに今なら、当サイトからの申込みで最大5,000円がキャッシュバック
詳しくは↓をクリックしてください。