学生がクレジットカードを滞納するとどうなるの?

悩み

クレジットカードは、現金がなくても簡単に決済できる素晴らしいツールですが、あくまでも、クレジットカード会社に一時的に立替払いしてもらうサービスです。

引き落とし日には、必ずクレジットカード会社にお金を支払えるように工面しなければなりません。
では、学生がクレジットカードの支払いを滞納するとどうなるのでしょうか。
この記事では、滞納によってどれだけ大変なことが起こるかを説明していきます。

 

学生でもクレジットカードを滞納するとブラックリストに乗る!

借金の支払い延滞など、貸主の信用を損なう行為を「金融事故」、縮めて「事故」といいます。
一般的に、借金の支払いを滞納すると、個人信用情報に事故情報が載ってしまいます。個人信用情報に事故情報が載ることを、俗に「ブラックリストに載る」といいます。

事故情報が登録されると、その記録が約5年間保存されてしまい、その間一切借り入れが出来なくなってしまいます。

 

例えば、新しくクレジットカードを作ろうとしても、作ることはできません。また、車のローンや住宅ローンを組もうとしても、審査に落ちてしまいます。これは学生であっても同じです。

 

学生の時に、クレジットカードの支払いを滞納し、信用情報に傷がついてしまった場合、学校を卒業し社会人になっても、5年間はローンを組むことができません。
ローンを組めないということは、例えば携帯の本体の代金を分割払いすることもできなくなるのです。

 

どれくらいの期間・回数でクレジットカード滞納になるか

では、「クレジットカードの滞納」とは、どこからが滞納になるのでしょうか?

引き落とし日のうちに引き落としが完了すれば、遅延にはなりません。
クレジットカード会社によって方法は異なりますが、引き落とし日であれば、何度も引き落としをしてくれる会社もありますので、銀行口座に朝一番で預金がなかったとしても、その日のうちにお金を入金すれば、間に合う場合があります。

その場合は、遅延したということにはなりませんので安心してください。

 

しかし、引き落とし当日にうっかり入金し忘れたり、引き落とし日には一度しか引き落としをしてくれない会社だったりして、引き落としが翌月になった場合は遅延になります。

この遅延が、5年間の間に3回あるとブラックリストに載ってしまいます。
また、支払いを3ヶ月間滞納し続けた場合、一度でブラックリストに載ってしまいますので注意してください。

 

入金し忘れた場合はカード会社から連絡が来る

この記事を読んでいる方の中には、自分のクレジットカード利用額がきちんと引き落としがされているか、延滞状態のまま放置していないか、心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、もし遅延してしまった場合は、きちんと通知が来ますので安心してください。

 

入金のし忘れなどで引き落としがされなかった場合は、まずクレジットカード会社から、手紙で延滞の旨の通知が届きます。それでも支払いがなかった場合、次はコールセンターから電話で連絡が入ります。それも無視して支払いを行わないと、次に催促状が届きます。

 

ブラックリストに載る条件を詳しく解説

事故情報に登録されてしまう条件は「約訂返済日より一定期間返済が遅れたり3回以上滞った場合」と説明されています。
一定期間返済の一定期間とは、61日以上または3ヶ月以上となっています。
また、3回以上滞った場合とは5年間の間に3回以上滞った場合です。

 

なぜ5年間なのでしょうか。
これは、個人信用情報というものが、5年間保存される仕組みになっているからです。
5年より前の記録はどんどん破棄され、新しい記録が上書きされていきます。そして、個人信用情報に3回滞ったという記録が残ると、事故情報として登録されてしまうという仕組みです。
3ヶ月以上返済が遅れた場合も、連続で3回滞ったという記録が残るので、一発で事故情報に登録されてしまうのです。

 

ブラックリストに載っているかどうか調べるには?

自分がブラックリストに載っているかどうかを調べるには、信用情報を確認する必要があります。信用情報を確認できるのは本人のみとなっています。

 

信用情報の開示は、パソコンやスマートフォン、郵送や窓口で行うことができます。
手数料は、インターネットで開示する場合クレジットカード一括払いで1000円、郵送開示では定額小為替証書で1000円、窓口開示では500円かかります。
詳しくはCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)のホームページで説明されていますので、ご覧ください。

 

ブラックリストに載った時の心配をここで解決

親にブラックリストに載ったとバレるのか?

クレジットカードに連帯保証人の制度はないため、法律的にクレジットカード会社は親に請求することはできません。よって自分の遅延した代金の請求が親に行くことはないので安心してください。

しかし、実家で暮らしている場合などは、催促状が自宅に届いたり、電話がかかってきたりするときに、バレてしまう可能性が高いので注意してください。

 

学生の時にブラックリストに載ると就職に影響が出るのか?

会社がある人を採用するかどうかということに関して、その人がブラックリストに載っているかどうか調べることは、信用情報の不正利用であり法律で禁止されています。
よって会社は、採用しようとする人がブラックリストに載っているかどうかを調べることはできないので、就職に影響はないと言えるでしょう。

 

しかし、金融機関や銀行などに就職しようとする場合は、影響があるかもしれないので注意してください。

 

ブラックリストに載っていても引っ越しはできるのか?

結論を言うと、ブラックリストに載っていても引っ越しすることはできます。
ブラックリストは、信用情報に事故情報が登録されてしまっただけなので、お金を借り入れる必要のない引っ越しの場合は、問題なく賃貸契約を結ぶことができます。
しかし、家賃保証会社の利用がある場合や、家賃支払いがクレジットカード払いの場合は難しいので注意してください。

 

クレジットカードはブラックリストに載っていると一切使えなくなっているので、クレジットカード払いの部屋を借りることは難しいでしょう。
また家賃保証会社の中には、ブラックリストに載っているかどうかをチェックするところもあるので、家賃保証会社の審査には通らないことがあるということも覚えておきましょう。

 

ブラックリストに載っていても作れるカードはこれ!

ブラックリストに載っている間は、クレジットカードは一切使用できません。
しかし、今現在クレジットカードを一切使用できないと、音楽のダウンロードもできなければアプリも有料のものは使えないとものすごく不便ですよね。

 

そのような場合はデビットカードを作ることをお勧めします。
デビットカードとは、クレジットカードと同じように国際ブランドがついているショッピングなどで利用できるカードです。
クレジットカードとの違いは、代金が銀行口座から直接、即時引き落としされるためにクレジット(後払い)ができないという点です。

 

自己破産や債務整理をしたことがあっても、デビットカードは審査が不要ですので、国際ブランドのカードを持つことができます。