クレジットカードって何歳から作れるの?

卒業

クレジットカードを作れる年齢は18歳以上!

クレジットカード!学生のみなさんは、この響きにどんなイメージを持っているでしょうか。
クレジットカードで買い物をすることは、大人への第一歩であると感じる人が大半なのではないでしょうか。
早く、クレジットカードで買い物してみたい!という学生の方も多いと思います。

 

そんな大人への第一歩のクレジットカードですが、一体何歳から作れるのでしょうか。
答えは、ずばり18歳からです!
クレジットカードは18歳から作ることが出来ます。
18歳になるまでは、現金やプリペイドカードしか利用できませんが、18歳になれば、新たにクレジットカードという決済手段を手に入れることが出来るのです。

 

最近のクレジットカードは、インターネットで簡単に作れるものも多いですし、学生限定の特典のあるクレジットカードも多いです。
まだクレジットカードを持っていない人は、この記事を読んだことを機会に、ぜひクレジットカードの作成を検討してみてください。

 

18歳以上の高校生はクレジットカードを作れるの?

先ほど、クレジットカードを作れるのは18歳以上だとお伝えしました。

では18歳の高校生はどうなの?という質問が聞こえてきそうです。
答えはノーです。高校生はクレジットカードを作れません。

 

クレジットカード会社に確認しましたが、たとえ19歳・20歳であっても、高校生はクレジットカードを作れないという社内規則にしている会社が多いようです。
高校生はクレジットカードを作れないので、必然的に学生でクレジットカードを持てるのは大学生、短大生、専門学校生になります。

クレジットカードを作ることができるのは、高校生を除く18歳以上です。
では、クレジットカードを作るにあたり、未成年特有の注意点はないのでしょうか。
次の章で、未成年がクレジットカードを作る注意点を説明します。

 

未成年がクレジットカードを作る注意点

大学生や短大生、専門学校生などの学生でもクレジットカードを作れます。
つまり、18歳・19歳の未成年でも、クレジットカードを作ることができます。
しかし未成年でクレジットカードを作るときには注意点があります。

 

未成年でクレジットカードを作る際の注意点は、保護者の同意が必要なことです。

日本は、2022年に成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げますので、高校生を除く18歳以上の方は、保護者の同意なしにクレジットカードを作れるようになるかもしれませんが、2018年現在、18歳、19歳は未成年です。

 

未成年は保護者の同意がないとクレジットカードは作れません。
親の同意をどうやって確認するかは、クレジットカード会社によって違います。

電話で親の同意を確認する方法と、署名で親の同意を確認する方法が主な確認方法のようです。
クレジットカードを作りたい未成年の方は、事前に保護者に相談してからクレジットカードを作りましょう。

 

高校生でも作れる!デビットカードについて

デビットカードとは、銀行で発行するカードになります。
どんな仕組みかというと、デビットカードで買い物をすると即座に銀行口座から使ったお金が引き落とされる仕組みです。

デビットカードは最近、各銀行が力を入れているせいかだいぶ世の中に浸透してきました。
しかし、まだまだ知らない人も多いと思うので、簡単にデビットカードについて説明します。

 

デビットカードのメリットは、

  • クレジットカードのように使いすぎる心配がない
  • 小銭が必要なくなる
  • セキュリティがしっかりしている

の3点となります。
1つずつ解説していきます。

 

デビットカードでは、銀行口座に入っている金額以上のお金を使用することが出来ないため、クレジットカードのように使いすぎる心配はありません。

最近はkioskやコンビニ、自動販売機でもデビットカードを使うことが出来るので、デビットカードを持っていれば小銭を持つ必要はないかもしれません。

1万円以上の使用には、暗証番号やサインが求められるので、セキュリティ面も安心です。
もちろん1万円以下の買い物でも不審な点があればしっかり調べてくれて、保障もしてくれるので安心して使うことが出来ると思います。

 

このデビットカードは16歳以上で作れるものが多く、高校生でも作れるカードです。

 

15歳でもクレジットカードが持てる!?クレジットカードを持つ裏技

クレジットカードは、先ほどから述べているように高校生を除く18歳以上の人しか作れません。
これはクレジットカードの家族会員も同様です。

 

しかしJALカードなら、15歳でもクレジットカードの家族カードを持つことが出来ます。

条件ですが、

  • 15歳以上で親権者と生計を共にしている学生
  • 海外留学をする際、保護者同伴ではなく単身で海外に留学に行くこと

以上2点を満たせば、15歳の高校生でも、JALのクレジットカードの家族カードを発行してくれます。

 

留学しないと使えないというのが難点ですが、海外は日本以上にクレジットカードが浸透しているので、信用面から見てもクレジットカードがないと生活しづらいのです。

JALは流石、航空会社だけあって、その面をしっかり配慮してくれています。
留学するのにクレジットカードがないのは親御さんも心配だと思うので。今後留学する予定がある人は是非検討してみてください。