学生がクレジットカードを作る際に気にするべき、海外旅行傷害保険とは?

海外旅行傷害保険

クレジットカードは、大学生も発行できるモノです。近年は海外旅行に行く学生も増えていて、海外での買い物でもクレジットカードは欠かせない存在となりました。

そんなクレジットカードには、海外旅行でのトラブルに対応するため、傷害保険が付けられているものがあります。以下では、この傷害保険とはどのようなサービスなのかを説明します。

 

クレジットカードに付帯している傷害保険の内容とは?

 

クレジットカードにつけられている海外旅行の傷害保険は、

 

万が一海外でケガや病気を負ってしまい、病院を利用しなければならない

 

時に使えます。海外の病院では、日本の保険が適用されませんので、そのままですと高額な医療費を請求されてしまいます。その医療費の負担を軽減させるために傷害保険が使えます。

 

また、購入した商品を盗難された場合も傷害保険の対象となります。

他にも賠償請求が行われるトラブルに遭遇した場合にも適用されます。

 

傷害保険の金額は、実際に起きた行動や症状などを基にして決められます。かなり大きな金額が傷害保険で降りる場合もあり、万が一海外で大きな怪我などのトラブルが発生してしまった場合でも金銭面で安心できる点がメリットです。

 

海外旅行で使える傷害保険の補償金額は?

 

海外旅行で設定されている傷害保険の金額は、クレジットカードの種類や事例によって異なります。また、カードによっては傷害保険が付帯していないものもありますので注意してください。(一般的に年会費無料かつポイントが溜まるタイプのクレジットカードにはついていないケースがほとんどです。)

 

保有している人が死亡した、もしくは後遺障害の残る重傷を負ってしまった場合、小さいクレジットカードでも最大2,000万円、大きなものだと5,000万円を受け取れます

 

病気やけがの治療を受けた場合は、最低でも100万円、最大では300万円程度の傷害保険が受けられます。なお救援者に支払われる費用は最大で500万円まで用意されていますが、これは1年間で合計した金額であり、1回の限度額ではありません。

 

窃盗にあった場合は、クレジットカードが窃盗とみなした場合に限り、最大で50万円程度が補償されます。

 

自分が賠償責任を取られる事例については、最大で5,000万円までの賠償額を傷害保険で受け取れます。なお金額は事例によって大きく変わりますので詳しくは各クレジットカードの利用規約をご参照ください。

 

クレジットカードに付帯している傷害保険は大学生でも手続き可能?

 

傷害保険は、大学生でも手続きが可能です。

一般的な傷害保険申請の手続きの方法は以下です。個別のクレジットカードによって異なる場合がありますので、正確な手続きに関しましては各社ホームページ等をご参照ください。

日本へ帰国した後、海外で受け取っている事故証明書や事例によって必要な書類と一緒に、国内で保険金請求書とパスポートのコピーを送付します。

クレジットカードが自動的に補償してくれる金額を超える場合には、クレジットカードを利用したことの証明も必要です。

上記に挙げた書類をクレジットカードの会社へ送付すると、クレジットカードの会社が全ての情報を確認し、問題がなければ保険金を支払います。

書類の記載と送付だけで完了するため、大学生でも簡単に請求は可能です。

 

海外旅行に行くなら傷害保険のあるクレジットカードを持つのがおすすめ

 

海外旅行へ行くことを決めたのであれば、傷害保険のあるクレジットカードを持っていくようにしましょう。

保険が使えないクレジットカードよりも、保険が使えるクレジットカードの方が、安心して旅行ができるためです。

海外では、いつどのようなタイミングで大きな事故が起きるかはわかりません。

海外旅行時の安心感を得て、楽しく旅行するために、傷害保険のあるクレジットカードを事前に作っておくことをおすすめします。