キティちゃん好きには最高!キティちゃんのセディナクレカのメリット・デメリット

ハローキティデザインセディナカード

キティちゃん好きにはたまらない特典がたくさん

セディナのハローキティデザインクレジットカードは、キティちゃん好きにはたまらない、様々な特典がついています。

まずはデザインです。
ゴールドカード、クラシックカード、セディナファースト、Jiyu!da!カードの4種類のカードは、すべてハローキティデザインを選ぶことが可能です。

ハローキティデザインのクレジットカードはたくさんありますが、セディナカードはさらに限定の特典がついています。

 

まずは、年1回以上のご利用でハローキティからバースデーメッセージが届きます。
キティちゃんからメッセージをもらえるなんて、地味にテンションが上がります。

 

また、クレジットカード利用で貯まるワクワクポイントは、様々な景品と交換できますが、ハローキティデザインクレジットカード限定で、キティグッズとの交換も可能になります。

ハンドタオルやランチボックスなどから、10,000ポイントと交換できる50cmサイズのぬいぐるみまで、ポイント欲しさについついカードを使いたくなりそうです。

 

このクレジットカードのポイント還元率は0.5%から最大0.65%ですので、10,000ポイント貯めるには153万円から200万円クレジットカードを利用する必要があります。
かなりのレア物ですね。

 

また、ハローキティゴールドカードのみの特典ですが、クリスマスにハローキティオリジナルグッズがプレゼントされます。

他にも、サンリオピューロランドハーモニーランドで優待が受けられますし、毎月のカード利用額1万円(税込)を一口として、毎月抽選で150名に海外旅行、国内旅行が当たるウキウキトラベル賞もついています。

 

基本のクレジットカード機能も充実

基本のクレジットカード機能も充実しています。
クレジットカードの国際ブランドは、VISA、マスターカード、JCBの3種類から選べます。

また、傷害保険も付帯しています
海外旅行傷害保険は最大1千万円の保証が、国内旅行傷害保険もクレジットカードの利用で最大1千万円が付帯します。
ショッピング保険は最大で50万円、180日間の保証がついているので、インターネット・ショッピングで利用しても安心のカードになっています。

 

これらのクレジットカードの発行資格は「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」とありますので、学生の方でも作ることができます。

 

キティクレカのデメリットは??

ハローキティデザインのクレジットカードは、どれも初年度は年会費が無料ですが、次年度から年会費がかかります
ゴールドカードであれば年6,000円(税抜)、クラシックカードとファーストカードは基本的に年1,000円(税抜)かかります。
Jiyu!da!カードは年会費無料ですが、基本の支払いがリボ払いになっていたりと、ちょっと使いづらいクレジットカードです。

 

また、先程も触れましたが、ポイント還元率が0.5%と、決して高くないということもデメリットです。
かなり頑張って利用しないと、オリジナルグッズを集めるのは難しいでしょう。

 

学生であれば、セディナカードファーストをおすすめします。
18歳から25歳限定のカードで、年会費もクレジットカードを1回以上利用すると次年度の年会費が無料になるので、このクレジットカードのデメリットを補えるでしょう。