JCBカードって何?学生にとってどんなメリットがあるかを比較

JCB

目次

JCBカードって何?

JCBカードとはクレジットカードの一つであり、国際ブランドがJCBという会社のものです。デパートや量販店がJCBと契約を結んで発行しているクレジットカードものほか、JCBが自社で独自に発行しているクレジットカードはプロパーカードと呼ばれ、ステータスが高いカードとされています。

 

JCBってどんな会社?

まず、JCBという会社について説明します。
JCBは、日本の会社として日本国内で初めて出来たクレジットカード会社です。バブル期によく日本人が渡航していたこともあり、ハワイやグアム、アジア圏でのマーケティングを積極的に行っていました。そのため、これらの地域ではJCBカードを使える加盟店の数が特に多いのが特徴です。

ちなみに、日本国内初のクレジットカード会社は、本社や母体が日本以外の会社も含めると、日本ダイナース株式会社です。

 

JCB以外のクレジットカード国際ブランドは?違いはあるの?

国際ブランドでよく見かけるのは、JCB、VISA、Master Card、アメリカン・エキスプレス、ダイナースのいわゆる「5大ブランド」です。5大ブランドの中で、違いを比較してみましょう。

 

VISA、MasterCardとJCBの違い

VISA、MasterCardの2社には、自社で独自に発行するクレジットカードはありません。銀行やデパート、スーパー、交通系ICカード、通信会社と、様々な会社と契約を結び、決済システムだけを使えるようにしています。
国際的なシェア率はVISAとMasterCardが2トップです。一方、国内で見るとシェア率はJCBが1位となります。

 

つまり、自社発行されたJCBカードと、デパートなどで作ったVISAカードを例にして比較してみると、自社発行JCBカードは、利用額がJCB自体に実績・信用として蓄積されていきます。
そのため、学生のうちに作っておくと、社会人になった時に申し込むことができるクレジットカードの選択肢が広がります。実績によっては、ステータスの高いクレジットカードも選べるようになるかもしれません。

 

それに対して、デパートなどで作ったVISAカードでは、実績はカード会社にではなく、カードを発行したデパートに蓄積されていくので、そのデパート以外の会社から発行されたVISAカードには、実績が反映されません。
実績により利用上限額が上がったり、よりステータスの高いクレジットカードを選んだりといった特典を得ることはできなくなります。

 

↓↓VISA、MasterCardについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください↓↓

VISAカードの特徴は何?学生にとっておすすめポイントを整理してまとめてみた│学生クレジットカードナビ

学生にとってMasterCard(マスターカード)を選ぶメリットは?VISAとの違いは?│学生クレジットカードナビ

 

アメリカン・エキスプレス、ダイナースとJCBとの違い

アメリカン・エキスプレスやダイナースは、JCBと同じようにクレジットカードを発行する国際ブランドです。
こちらは主にターゲットを富裕層に向けています。年会費が無料のクレジットカードはありませんし、学生の方にはあまりおすすめはしません。自社で発行しているプロパーカードは、ステータスが非常に高いです。

 

アメリカン・エキスプレスの通常カードは緑色、ダイナースは白色ですが、年会費や利用できるサービスを比較すると、他社カードのゴールドカードもしくはそれ以上のランク相当だと言われています。その分審査も厳しく、個人資産額や年齢制限があるだけでなく、高額の年会費が必要となります。
プロパーカードよりも年会費が割安なカードが百貨店などから発行されていますが、年会費が安い分受けられるサービスの質が下がりますので、わざわざ作る必要はないという印象です。

 

アメリカン・エキスプレスは、ホテルや航空会社などに強いので、海外旅行に多く行く人、ダイナースは、高級店での買い物の機会が多い層に効果が発揮されます。

 

↓↓アメリカン・エキスプレスについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください↓↓

Amexカードって何?学生にとってどんなメリットがあるの?│学生クレジットカードナビ

 

クレジットカードを持つことで得られるメリットは?

メリットその1 作ると/使うとポイントが貯まる

クレジットカードの最大のメリットは、やはりポイントがたまることでしょう。クレジットカードによっては、作るだけで5,000円分以上のポイントがもらえたり、利用額に応じて還元率がどんどん上がったり、キャッシュバックされたりするものがあります。

毎月の水道代などの公共料金や、携帯電話などの通信料金も、1年を通してみると結構な金額になります。クレジットカードで支払いをすることで、少しでも還元ポイントを貯めていくことも節約の方法の1つです。

 

メリットその2 お得な特典が受けられる

クレジットカードには、それぞれ様々な特典が付いています。例えば、特定のお店や学生限定でポイントの還元率が高くなったり、国内外の旅行に対しての保険がついていたり、海外旅行先でレンタカーやアクティビティの予約を代行してくれたりというものがあります。

若い人や学生の人をターゲットにしているクレジットカードでは年会費無料、ポイント還元率が通常カードより高い、コンビニでの利用のポイントがつきやすいなどの特典がよく見られます。

 

メリットその3 お金の盗難紛失のリスク軽減

お財布の中の現金は、落としたりなくしたりした時に戻ってくることは少ないですし、盗まれたりした時にも補償がされません。
しかし、多くのクレジットカードには盗難紛失補償や不正利用に対する補償が付帯しています。クレジットカードを失くしたと気付いた日から60〜90日間ほど遡って補償されます。

また、クレジットカードによっては、海外旅行先で持ち物を失くした場合、設定金額の範囲で補償してくれるサービスが付帯しているものもあります。

 

JCBカードだけの特別なサービスはあるの?

JCBカードは東京ディズニーランドのオフィシャルカード

よくディズニーランドに行かれる方は、ショップのレジのところにJCBと大きく表示されているのでご存知かもしれませんが、JCBカードは東京ディズニーランドやディズニーシーのオフィシャルカード(他のカード会社でも使えるカードはあります)です。

オフィシャルカードというだけあって、ディズニーに関する特典が多くあります。例えば、年1回のディズニーランド貸切イベントに応募できます。しかもオフシーズンではなくオンシーズン真っ只中のクリスマスシーズン中なのがすごいです。

 

さらに、ディズニー大好きな方にご紹介したい「ディズニー★JCBカード」というカードがあります。ディズニーモチーフのカードデザインが選べ、このカードの会員専用のディズニー・カードクラブに入会ができます。

ディズニーに関する特典が非常に多く、ポイントでディズニーランドのパークチケットやディズニー映画鑑賞券やDVDと交換できたり、オフィシャルホテルでの宿泊でポイントがたくさんもらえたり、ディズニーオンラインストアでのポイント還元率が高かったりと、ディズニー好きには見逃せないクレジットカードです。

 

海外でも安心できるJCBプラザの設置

「JCBプラザ」とは、海外に設置されたサービス窓口で、海外旅行中に日本語でサポートが受けられます。カード紛失、盗難時のサポートはもちろん、その地域の観光情報の紹介やオプショナルツアーの予約ができたり、通信量を特に気にしないといけない海外ではありがたいWi-Fi無料サービスが受けられたりといったサポートがあります。

また、一部の主要都市には「JCBプラザラウンジ」があり、傘のレンタルや荷物の1日預かり、ドリンクサービス、インターネットやプリントアウトの無料サービスが受けられます。ハワイだと、ワイキキショッピングプラザ内にあるのでショッピングなどをするのに荷物預かりサービスがあるのはありがたいですね。

 

JCBカードでお得にポイントを貯める方法は?

基本のJCBカードのポイント還元率は0.5%です。
しかし、日本国内でいちばんのシェア率を誇るJCBカードなので還元率が良くなったり、商品をお得に買えたりするORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれる加盟店が非常に多くあります。この章ではJCBカードを使うことで特にお得になる店舗や方法を紹介します。

ここでいうJCBカードは、JCBが自社で発行しているクレジットカード(プロパーカード)のことで、◯◯カード(国際ブランドはJCB)とは異なりますので注意してください。

 

ポイントの貯め方1 JCB独自のポイントアップサイトを経由する

JCBが独自に運営するポイントアップサイトとして、Oki Dokiランドというものがあります。このサイト経由で、楽天市場やAmazon・Yahoo!ショッピングなどのインターネットショップや、じゃらんやJTBなどの旅行予約サイトで支払いを行うと、最大20倍のポイントがつくようになるお得なサイトです。

 

ポイントの貯め方2 スタバカードのチャージに使う

スタバカード(スターバックスカード)とは、スターバックスコーヒーでの支払いに使えるプリペイド式のカードです。このカードのチャージ方法は、店頭でのチャージと専用サイトでのオンラインでのチャージの2種類あります。オンラインのチャージにJCBカードを使うことで、還元率が10倍になります。

 

ポイントの貯め方3 セブンイレブンで利用する

実は、JCBカードはセブンイレブンでの支払いでの還元率が3倍の1.5%と高還元のクレジットカードです。コンビニでクレジット払いをすると、会計がスムーズになるメリットもあります。さらにスムーズに支払いをしたい方はApple Payのカードに設定しておくことでカードを出す手間すらも省けます。

他にも、就職活動などで必要になるスーツも、AOKIならポイントが5倍ついたりと、お得な加盟店が多くあります。

 

JCBカードならどれも同じ?

JCBが独自に自社で発行しているクレジットカードは、プロパーカードもしくは本家カードと呼ばれ、スーパーやデパートなどが発行しており国際ブランドがJCBのクレジットカードは提携カードもしくは分家カードと呼ばれます。

 

プロパーカード(本家)と提携カード(分家)の違いは?

本家カードは、JCBカード会社そのものに実績が積まれていき、分家カードは発行元のスーパーやデパートなど、JCBと契約を結んだ会社に実績が積まれていきます。そのため、プロパーカードで実績を積み上げていくと、よりステータスの高いクレジットカードにできたり、提携カードなら提携先でよりお得になったりします。

どちらにもメリットはありますが、メインカードとして長く持つならプロパーカードをおすすめします。提携カードは、就職などで住む地域が変わり、主要な買い物先が変わった場合、解約をして新しく違う提携先に切り替えるだけで済むので、生活の状況の変化にすぐ対応できます。

 

メインカードでJCBのカードを持つならおすすめは?

JCBのメインカードは、JCBカードWがおすすめ

メインカードとしてJCBのカードを作るなら、プロパーカードのJCBカードWか、女性ならJCBカードW Plus Lをおすすめします。このカードは39歳までの若い方用に作られたカードで、ポイント基本還元率が常に通常カードの2倍の1%となり、しかも入会後3ヶ月間は4倍の2%となります。

年会費はどちらのタイプも無料です。JCBカードW Plus Lには女性に関わる病気に対しての格安保険も申し込むことができるオプションが付いています。またこのカードにはLINDAリーグという美容やファッションに関する特典の多いサイトも楽しめます。

 

このカードは、通常のJCBのプロパーカードの旅行保険とは違い、国内の旅行保険については保証されず、海外の旅行保険が最高2,000万円までの保証となっています。
通常カードだと、国内外問わず最高3000万円の保証内容となっています。そのため、サブカードにはこの部分を補填してくれるカードをおすすめします。

 

JCBカードW+エポスカード(EPOSカード)でさらにお得に

サブカードとして、エポスカード(EPOSカード) を組み合わせることをおすすめします。エポスカードと組み合わせることで海外旅行傷害保険が手厚くなるので、アメリカなどの医療費が超高額になる地域を除いた、ヨーロッパやアジア圏での旅行では、わざわざ有料の保険を申し込む必要がほとんどなくなります。

また、国内シェア率が1位のJCBカードと、多種多様なお店で10〜30%の割引を受けられるエポスカードを組み合わせると、お得に使える加盟店が格段に多くなります。サブカードとしてエポスカードを作るなら、JCBとは違う国際ブランドにしておくと無難です。

 

サブカードでJCBのカードを持つならおすすめは?

JCBのサブカードは、リクルートカードがおすすめ

サブカードとしてJCBのカードを作るなら、提携カードのリクルートカードがおすすめです。年会費は無料で、ポイント還元率は1.2%と、クレジットカードの中では高還元率のクレジットカードです。しかも、nanacoカードのチャージに対しても、毎月3万円までこの還元率が適用されます。

また、クレカを作るだけで6,000ポイントがもらえるキャンペーンも行っています。国内外の旅行に対して旅行傷害保険も付帯しているほか、リクルート系列でポイントがたまりやすく、そのポイントをPontaポイントに移行することができるなど、使い勝手のいいクレジットカードです

 

メリットの大きいクレジットカードですが、ステータス性はないので将来のことを考えて、ステータス性の高いクレジットカードをメインカードとして組み合わせることをおすすめします。

 

三井住友VISAデビュープラス+リクルートカードはお得な組み合わせ

おすすめのメインカードとして、三井住友VISAデビュープラスと組み合わせることをおすすめします。18歳〜25歳限定で年会費は初年度無料、2年目以降は1回でも利用すれば無料になります。通常カードのポイント基本還元率は0.5%ですがこのクレジットカードは常時1%、入会後3ヶ月間は2.5%となります。

またステータス性が高く、26歳以降は自動的に特典の多いプライムゴールドカードにランクアップします。将来初めてのゴールドカードデビューにもおすすめの1枚です。

 

以上がJCBカードの紹介になります。クレジットカードを上手に使って、学生生活を楽しんでください!