学生におすすめのポイントが貯まるクレジットカードランキング

コツコツ貯める

18歳以上になるとクレジットカードを持てるようになるため、クレジットカードデビューを考えておられる学生の方も多いと思います。せっかく持つなら、現金で支払うより少しでも得をしたいですよね。

 

そこで今回は、ポイントの貯まりやすいおすすめのクレジットカードや、ポイントの貯め方をご紹介します。

 

クレジットカードのポイント還元率とは?

クレジットカードについて調べると、よく「ポイント還元率◯%」という言葉を目にされると思います。これは、利用金額に対して、何円相当のポイントがつくのかという割合を意味しています。

 

200円ごとの利用で1ポイント(2円相当)がつくと記載されていた場合のポイント還元率を計算してみましょう。

この場合のポイント還元率は、1ポイント×2円÷200円×100=1%となります。1ポイント=1円でないクレジットカードはたくさんあるので、ポイント還元率は必ずチェックしましょう。
また平均的なポイント還元率は0.5%で、高いものは1%前後ということを知っておくと、クレジットカードを選ぶひとつのポイントになります。

 

同じクレジットカードでも還元率が変わる場合も

クレジットカードによっては、カード会社が提携している店で利用するともらえるポイントが増えるなど、使い方によって還元率が変わることがあります。

また、ポイントの還元方法にも色々な種類があります。主な方法としては「提携店での支払い」、「商品券やマイルとの交換」、「カード代金の支払いに充当」、「現金でのキャッシュバック」などがあります。

複数の還元方法を選択できるクレジットカードだと、還元方法によってレートが変わることもあるので注意してください。
例えば、同じ1,000ポイントでも、商品券なら1,000円分と交換できて、キャッシュバックなら700円としか交換できない、ということもあるということです。
貯まったポイントをどのように使うかは、使いやすさのほかに、交換レートも考えた上で決めましょう。

 

クレカで貯まるポイントの有効期間ってどれくらいなの?

ポイントの有効期限は2年以内であるクレジットカードが多くを占めています。ポイント還元率が高くても、有効期限が過ぎてポイントがなくなってしまったら意味がないですよね。

多くのクレジットカードは、一定以上のポイント(たいてい500ポイントか1,000ポイント)を貯めないと還元が受けられません。
あまり大きな額をクレジットカード払いにする予定のない方は、ポイントの有効期間が長いクレジットカードでコツコツ貯めることがおすすめです。

 

学生の方におすすめのクレカポイントの貯め方

毎日の利用でコツコツポイントを貯める

コンビニやカフェでの利用金額は、1回の金額は少なくても、知らない間に結構使っていますよね。
少額利用に現金ではなくクレジットカード払いを利用することで2つのメリットがあります。

1つ目はポイントが貯まること。
1回の買い物で貯まるポイントは少しでも、毎日のように利用していれば、いつの間にか積り積もって多くのポイントをためることも可能です。

また、クレジットカードによっては、提携しているコンビニや飲食店での利用でポイントが2倍になるといった特典がついているものがあります。
自分が普段どこで買い物や食事をしているのかによって、作るクレカを選べば、さらに賢くポイントを貯められるでしょう。

 

2つ目は利用明細を見ることで利用額が視覚化されることです。
「ちょっと使い過ぎたから今月はあと1万円までしか使わないようにしよう」といったように節約を意識しやすくなります。いつの間にか使い過ぎてしまったといった事態の予防に役立つでしょう。

 

毎月の支払いでクレカのポイントを獲得

定期券や公共料金等、定期的に支払いの発生する費用は、現金や講座振替払いにせず、クレジットカードで支払いをするとポイントが貯まっていくのでおすすめです。

では実際にどのくらいポイントが貯まるのかシミュレーションしてみましょう。例えば毎月以下のような支払いが発生していたとします。

電気代:6,000円
水道代:3,000円
ガス代:3,000円
通信費(携帯・インターネット):10,000円
定期代(1月平均):5,000円
合計:27,000円

もし還元率1%のクレジットカードで支払っていたら、1月あたり270ポイント、年間で3,240ポイントも貯まる計算になります。3,240ポイント貯まるということは、実質3,240円の出費が浮くようなもの。3,240円あれば飲みに行くことだってできます。月々の固定の支払いをクレジットカードに切り替えただけで、飲み会が1回タダになるなら、利用しない手はないですよね。

 

また、定期券範囲以外もよく電車などを使う方は、Suicaのチャージでポイントがお得にたまる、年会費無料のビックカメラSuicaカードもおすすめです。

 

イベントの支払いでポイント獲得

ライブやフェスなどのイベントは、定期的に支払いの機会のあるものではありませんが、1枚5,000円以上の少し高価なものが多いため、イベント時にもしっかりクレジットカードで支払うことで、賢くポイントを貯めていきましょう。

イベント以外でも、大きな出費があるときには、クレジットカードで支払えるか確認することをおすすめします。後になってから「クレジットカードで払っていればポイントがついたのに!」と後悔しないようにしましょう。

 

飲み会の幹事になってどっさりポイント獲得

学生の方ならではの一番効率の良い方法はこの方法だと思います。注意していただきたいポイントが何点かあります。

 

限度額に注意!

クレジットカードの限度額は、学生の方だと10〜30万円に設定されることが多いです。

例えば、限度額が10万円のクレジットカードで、1人3,000円のコースで10人の飲み会の料金を月に複数回支払った場合、クレジットカード払いにしている毎月の支払いがあると、利用額が限度額を超えた場合に毎月の支払いができなくなるので注意してください。

 

酔っ払う前にお金を回収!

せっかくポイントがたまっても、誰かから飲み代をもらい損ねてしまうと、何の得にもなりません。

ましてやお酒の席ですので、みんながアルコールの入っていない状態のときにきちんと回収しておきましょう。

 

集めたお金はすぐ口座へ!

集めたお金をお財布に入れておいておくと、使えるお金が増えたような気になって、無駄遣いしてしまいがちです。

封筒などに入れて財布とは分けておき、次の日ATMが無料の時間帯にクレジットカードの引き落とし口座に入金するのが理想です。

 

ポイントがたまりやすいカードってどんなものがあるの?

第1位「三井住友VISAデビュープラスカード」


三井住友VISAカードデビュープラス

 

年会費初年度無料、2年目以降は1度でも利用していると無料になります。

基本還元率は通常0.5%のところ、デビュープラス限定特典で2倍の1.0%で、入会後3ヶ月は2.5%の高還元になるキャンペーンを行っています。

また、ポイントUPモールというポイント優待サイトを経由してネットショッピングするだけで、ポイントが2~20倍。
ココイコ!というサービスで、対象のお店にエントリーしてからカード利用すれば、ポイントが最大18倍。使い方次第で効率よくポイントが貯められます。

※ポイントの倍率は通常のポイント(0.5%)に対して計算。例えばポイント3倍になる対象店でのカード利用なら、通常ポイント0.5%の3倍で1.5%(通常ポイント0.5%+1.0%)。さらにデビュープラス限定特典のポイント0.5%がついて最終的な還元率は2.0%となります。

貯まったポイントはマイルや楽天ポイント、dポイントなどと交換できます。

 

ゴールドカードが持てる!

26歳になると自動的に高還元で特典の多い「三井住友プライムゴールドカード」になるのも、三井住友VISAデビュープラスカードの特徴です。
審査が厳しいとされるゴールドカードを自動的に持てるのは、カードのステータスを気にする方にとってはうれしいですね。

 

デメリットはある?

学生の場合には限度額が最高30万円という制限があるのが、数少ないデメリットと言えます。
ですが、学生のうちは月に30万円以上使うようなことは滅多にないでしょうし、限度額が低く設定されている分、審査が甘くなるとも考えられます。

その名の通り、初めてクレジットカードを作る学生の方におすすめです。

↓↓三井住友VISAデビュープラスカードについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください↓↓

初めてクレジットカードを作る学生には三井住友VISAカードデビュープラスをおすすめする6つの理由│学生クレジットカードナビ

 

第2位「JCB CARD W」

年会費は初年度も2年目以降も無料です。基本還元率は1.0%ですが、2018年9月30日までの申し込みで、入会後3ヶ月間の基本還元率が2.0%になります。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーに指定されている提携店ではさらにボーナスポイントがついてポイント3倍~21倍。例えばスターバックスカードへのチャージなら、ポイントが10倍になります(事前にキャンペーンへの登録が必要)。
※三井住友VISAデビュープラスカード同様、ポイントの倍率は通常ポイントに対して計算。スタバなら+4.5%。

 

お得に申し込むなら

ウェブ申込みなら、2,000円分のJCBギフトカードがもらえるキャンペーンも実施中(2018930日まで)。ウェブ申込みでの入会がおすすめです。

 

第3位「学生専用ライフカード」

年会費は、在学中は無料です。
基本のポイント還元率は0.5%ですが、入会したその年度はポイント1.5倍、誕生日は3倍になります。ポイント有効期限が長いのも特徴で、最長5年です。

 

海外旅行のお供に

海外旅行傷害保険が最大2,000万円付帯しています。しかも保険の適用条件は、旅行費をクレジットカード払いした時のみ適用される利用付帯ではなく、クレジットカードを持っているだけで適用される自動付帯です。
海外で病院のお世話になると、治療費が驚くほど高くなるケースがありますが、保険があれば安心ですね。

そのうえ、事前申し込みが必要にはなりますが、海外利用分の5%がキャッシュバックされます。旅行や留学で海外に行く予定の人には特におすすめのカードです。

 

第4位「YJカード」

年会費は初年度も2年目以降も無料です。基本還元率は1.0%で、ポイントはTポイントとして貯まります。わざわざ商品券や他社のポイントと交換しなくても、様々なお店での支払いに利用できる、使い勝手の良さが魅力です。

nanacoのチャージで0.5%貯まったり、Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物で貯まるTポイントが3倍(+2.0%)になったりと、使い方次第でポイントがどんどん貯まります。

 

200ポイントが300円に!?

貯まったTポイントの使い方としておすすめなのが、ドラッグストアのウェルシアでの利用。ウェルシアでは、毎月20日は200ポイント以上の利用で、1.5倍分のお買い物ができるサービスがあります。

例えば、1,000ポイントの利用で1,500円の買い物が可能。ウェルシアが近くにある人はぜひ使ってみてください。ヤフオクの手数料が毎月初回無料なのもこのクレジットカードならではの特徴です。

 

↓↓YJカードについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください↓↓

ポイントを貯めたい学生にはYJカード(Yahooカード)をおすすめする3つの理由│学生クレジットカードナビ

YJカードは学生でも審査に通る?申込み方・作り方│学生クレジットカードナビ

 

第5位「楽天カード」

“楽天カードマン!”のCMでおなじみの楽天カードです。通年入会すると5,000ポイント以上がもらえます。年会費は初年度も2年目以降も無料で、基本還元率は1%です。

 

楽天での買い物がお得!

楽天での買い物で貯まる楽天ポイントが3倍(+2.0%)になる特典がついているので、楽天でよく買い物をする方におすすめのクレジットカードです。

 

↓↓楽天カードについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください↓↓

ポイントを貯めたい学生には楽天カードをおすすめする3つの理由│学生クレジットカードナビ

 

 

以上がポイント重視の学生の方向けのクレジットカード情報です。ご自身の使い道によってとっておきの1枚を見つけてくださいね。