リクルートカードはポイントを貯めたい学生におすすめする2つの理由

リクルートカード

リクルートカードは、ポイントの還元率が業界最高峰として有名です。

申込み基準は18歳以上(高校生は不可)、本人及び配偶者に定期的な収入がある方とあるのでリクルートカードは大学生や短大生のみなさんも申込み出来ます

 

特に旅行や飲み会、インターネットショッピングが好きな人、美容に興味がある人にとってリクルートカードは大活躍します。

また、リクルートカードにはポイント還元率を2%以上に上げる「裏技」があります。

それではリクルートカードの特徴についてまとめていきたいと思います。

 

リクルートカードは高ポイント還元率の超おすすめクレカ

年会費無料のクレジットカードで最高峰のポイント還元率です。大体高くて0.5%〜1%くらいの還元率なのですがリクルートカードは際立っています。

 

リクルートカードで支払いをすると、通常の買い物で1.2%分のポイントが付きます。例えば毎月10万円買い物をすると1,200円ポイントが付きます。年間で14,400円とまとまっていきます。これが0.5%のカードだと年間で6,000円なので大きな違いだと思います。

 

また通常の買い物以外にリクルートが運営しているショッピングのポンパレモールや旅行サイトのじゃらん、グルメサイトのホットペッパー、美容室予約のホットペッパービューティーを使うとさらにポイントは貯まります。ポンパレは4.2%その他は3.2%のポイントが付きます。旅行や飲み会、美容にと忙しい大学生のみなさんにとってポイントの貯めやすいクレジットカードだと思います。

 

 

さらにリクルートカードを使ってお得にポイントを貯める裏技

 

さらにお得なポイントの貯め方を紹介します。それには、

「nanaco」を使います。

 

実は、セブン&アイホールディングスが発行している電子マネーのnanacoのチャージにリクルートカードは使うことが出来ます。しかも、他のYahooカード等でもチャージは出来るのですが、0.5%と低くなっていますので、リクルートカードはかなり特別なカードと言えます。

 

nanacoはコンビニなどで使えますので、使い勝手はいいです。このnanacoは、使うときにもポイントが付くのでまさにポイントの二重取りが出来ます。

つまり、nanacoポイントのポイントチャージ時に1.2%のポイント、nanacoを使う時に1%のポイントが溜まり、なんと2.2%という驚異の還元率の高さになります。

 

この使い方は知らない人が結構多いです。

1点気をつけなければいけない点は、リクルートカードによるポイントチャージで1.2%のポイントを貰える上限が3万円に制限されてしまったことです。ポイントが貯まらないだけで、チャージは出来ますが、その場合は普通にリクルートカードを使った方がお得です。

 

 

またポンパレモールで買い物をするときポイントサイト(モッピーやげん玉などのアンケートに答えたり、買い物をするとポイントが貯まるサイトの事)を経由して購入するとさらに1%程度ポイントが貯まりますので本当にポイントの貯めやすいカードだと思います。

 

貯まったポイントはポンパレモールやじゃらんなどの提携サイトで使うことも出来ますしポンタカードに移すことも出来まるので便利です。

旅行に最低限必要な国内・海外傷害保険が無料で付帯する

 

海外旅行で最高2,000万円、国内旅行で最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯しています。リクルートカードで旅行代金を支払うことが条件(利用付帯といいます。)となっていますが、旅行中の事故や病気·けがの治療、携行品の破損などの損害を広く補償されます。

またリクルートカードにはショッピング保険もついており、国内外を問わず、カードで購入した品物を年間200万円まで·購入日から90日間保障されます。※免責1事故3千円です。(免責とは保障してもらうために負担するお金の事です。)

 

 

リクルートカードはポイントを貯めたい学生にお勧めする2つの理由のまとめ

リクルートカードは、1.2%と最高峰のポイント還元率を持つ優秀なクレジットカードです。

また、nanacoと組み合わせることで2.2%の高還元率を狙えます。

貯めたポイントも、ポンタカードに移せたりとポイントの使い勝手もよく、傷害保険も付帯するので、本当におすすめ度が高いクレジットカードです。学生さんにはぜひおすすめしたいクレジットカードです。