VISAとMasterCardって何が違うの?学生が選ぶならどっちのクレジットカード?

クレジットカードと電子マネーの違い

クレジットカードには、国際ブランドがVISAやMasterCardなどから選べるものが多くあります。
クレジットカードを作ろうとするときに、どの国際ブランドにしたらいいのか迷いますよね。

今回は「VISA」「MasterCard」の2つの国際ブランドについて、比較検討していきたいと思います。

 

国際ブランドってそもそも何?

クレジットカードの券面に、VISAやMasterCard、JCBなどのロゴマークがあるかと思います。それがそのクレジットカードの国際ブランドを示しています。

国際ブランドとは、世界中の加盟店に決済システムを提供している会社です。
上記の3つ以外にアメックス、ダイナースクラブというブランドもあります。

 

VISAとMasterCardの共通点

VISAもMaster Cardもどちらも拠点がアメリカ合衆国にあり、自社独自ではクレジットカードを発行していません。
世界各国のライセンスを受けたクレジットカード会社が、それぞれクレジットカードを発行しています。

 

VISAとMasterCardの違う点

世界各国におけるクレジットカードの国際ブランド別のシェア率を見ると、VISAが50%以上と圧倒的なシェア率を誇り、次いで約25%のシェア率でMasterCardが続きます。
ですが、実際のところ、日本国内や人気の海外旅行先ではVISAもMasterCardも使えるお店の数は変わりません。

 

クレジットカードには、キャッシング枠というものがあり、海外旅行の際に現金が足らなくなってしまった場合など必要な時に、その枠内であれば現地のATMを使って現金を引き出すことができます。
クレジットカードの国際ブランドによって使えるATMが違ってきます。

 

VISAの場合はVisa、PlusマークのあるATM、MasterCardはMastercard 、Maestro 、CirrusのマークがあるATMで使えます。
もし、両方のブランドをお持ちの方なら、海外のATMではMasterCardの方が為替レートが少しお得になるのでおすすめします。

 

VISAのおすすめポイント・おすすめクレジットカード

クレジットカードデビューにおすすめの国際ブランドである!

VISAは、学生のうちに1枚はクレジットカードを作っておこうかなと考えている学生の方におすすめです。

VISAカードは発行元の審査が一番厳しいとされる銀行系が主流です。
社会人以降にクレジットカードを初めて作ると、クレジットの信用情報がないので収入などを厳しく見られることが多いです。
ただ、学生のうちに申し込むと、クレジットカード会社側も安定した収入がないとわかっているため審査が通りやすくなります。

 

もちろん、楽天カードなど審査が銀行系よりも厳しくない、百貨店や信販系会社が発行するクレジットカードもありますが、審査が厳しいところほど、社会人になってクレジットカードを切り替えた時のランクアップが顕著です。

 

安心感の高いカード会社が多い!

VISAカードを発行しているところは大手銀行系が主流のため審査が厳しいところが多いと述べましたが、その分セキュリティがしっかりしていたり、海外旅行保険が付帯していたり、提携先が多くなっています。
お得なサービスを広く受けられる、安心感があるといった特徴の企業が多いです。

 

おすすめのVISAブランドのカードはこれ!

三井住友銀行系のクレジットカードは、日本で初めてVISAのライセンスを受けたことから、「VISAといえば三井住友」というイメージを持っています。
三井住友VISAデビュープラスカードは学生の間からお得にポイントを貯められ、社会人になり26歳以降になると多くの特典と高還元率のプライムゴールドカードにランクアップします。

 

MasterCardのおすすめポイント・おすすめクレジットカード

MasterCardは海外で少しでもお得に使いたい、Apple Payのオンライン決済をしたい、au WALLETカードにクレジットカードでチャージしたい学生の方におすすめの国際ブランドです。

 

海外でお得に!

クレジットカードは、国内だけでなく海外旅行先の現地の店舗、また海外のインターネットショップでの買い物にも使うことができます。
この場合、現地通貨での値段を日本円に換算した後、日本の口座へ請求され、日本円で支払という流れになります。

そのため、現地通貨を日本円に換算するための為替レートが重要になってきます。
VISAとMasterCardが公表している過去の為替レートのデータを見てみると、MasterCardは平均で1ドル当たり0.2円安くなっています。

 

海外でクレジットカードをお得に使いたい方には、MasterCardがおすすめです。

 

Apple Payのオンライン決済に使える!

Apple Payは、事前にご自分のクレジットカードを登録しておくことで、おサイフケータイのようにキャッシュレスで買い物ができるサービスです。
Apple Payには大きく分けて2種類の決済方法があり、1つは店舗のレジでの支払い、もう1つはアプリを使用したオンライン決済です。

オンライン決済とは、アプリやインターネット上で、カード番号や名前を入力しなくても買い物ができる決済方法です。
MasterCardブランドのクレジットカードをApple Payに登録しておくと、店舗・オンラインのどちらでも支払いをすることができます。

 

店舗での支払いのみできるVISAと違った、MasterCardの特徴です。

 

au WALLETプリペイトカードにチャージができる!

au WALLETプリペイドカードとは、携帯会社のauが発行している、auを使っている方限定のプリペイドカードです。
au WALLETプリペイトカードへのチャージは、クレジットカードでも可能ですが、MasterCard ブランドのクレジットカードである必要があります。

 

おすすめのMaster Cardブランドのカードはこれ!

海外利用のためなら学生専用ライフカード

こちらは年会費無料、海外での利用金額の5%がキャッシュバック、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードです。

 

Apple Payや au WALLETカードの利用のためならOrico Card THE POINT

こちらのクレジットカードは、学生専用ではありませんが、学生の方も作ることができます。
年会費無料で、ポイント還元率も常に1%以上、入会6ヶ月以内なら還元率が2%になるキャンペーンも行っています。

還元率0.5%のカードが多いのでこちらのクレジットカードはお得です。

 

以上がVISA とMasterCardの特徴やそれぞれのおすすめのポイントです。
クレジットカードを作る目的に応じて最適な1枚を選んでください。