クレジットカードが支払えないとき、学生がクレヒスが傷つく前に取るべき5つの方法

クレヒス

クレヒスとは何か?

まずクレヒスとはクレジットヒストリ―の略です。クレヒスとは、個人のクレジットカードの利用履歴の事を指します。
毎月定期的に利用していて、支払いを延滞していなければ良い履歴となりますし、延滞が多い場合は悪い履歴になってしまいます。

クレヒスは信用情報機関で管理されています。延滞の履歴があると最大5年間は新しくカードを作れなくなったりローンを組めなくなったりとさまざまな支障をきたします。

学生の多くはこれらを知らずにクレジットカードを使っているはずですが、学生だからと言って気を抜いていて許されるものではないので本当に気をつけましょう。逆に良い履歴が溜まるとクレジットカードを複数枚持てたり、利用上限金額が上がったりと色々メリットがありますので、支払いには気をつけましょう。

 

一方で、やむを得ずどうしても支払いができなくなってしまうこともあるかもしれません。

そこで、本コラムではクレジットヒストリ―に傷がつかないようにとるべき行動についてまとめたいと思います。

 

まだ支払日まで余裕があるが、支払いが難しい事がわかっている場合

1. 人から直接お金を借りる

この場合は、出来れば家族や親戚、友人等からお金を借りてクレジットの支払いに充てましょう。

お金の問題なのでなかなか相談しづらいかもしれませんが家族、親戚、友人であれば支払日が万が一遅れても信用情報に傷がつくことはありません。恥ずかしがって相談せず、キャッシング等をしてそれも返せず、後々大変になるより、事前に相談してくれた方が余程良いと、ご両親は少なくとも思っているはずです。思い切って相談してみましょう。

もちろんお金の問題なので家族や友人との関係にひびが入ってしまうと元も子もないので、借りたものはしっかり返しましょう。

 

2.クレジットカードのキャッシングを利用する

家族や友人に頼れない場合は、クレジットカードのキャッシングを利用して急場をしのぐ方法もあります。

利息はかかりますがクレヒスに延滞が付かない分、はるかにましと言えます。

クレジットカードにキャッシング機能がついていることが多いですが、ついていない場合は新たに審査が必要です。学生専用カードには、キャッシング機能が付帯していないケースが多いので、注意が必要です。

 

また当然ですが、ちゃんと返せる目処が立った上で利用しましょう。キャッシングを返せない場合はかなり問題です。クレヒスに傷がつくだけではなく、借金が膨らむリスクがありますので十分に注意して下さい。

 

3.クレジットカードのショッピング枠を使って現金を作る(おすすめしません!)

クレヒスを何が何でも傷つけたくない方法です。はっきり言っておすすめしません。

しかしながらいろいろな事情を抱えている方もいると思うので一応やり方についてご紹介します。
やり方は非常に単純で、別のクレジットカードでブランド物などを購入します。その購入した物を売却して現金を作るというものです。しかしながら10万円のものを10万円で買い取ってくれるはずもないです。よくて80~90%くらいです。

一度だけならまだ良いですが、それで自転車操業してしまうのは非常に危険です。なるべく手をつけるのは避け、最終手段としましょう。

 

2.どうしてもお金の用意が出来ない場合

それでも、どうしてもお金が用意できずに、クレヒスも傷つけたくケースもあると思います。下記は、ダメ元というくらいの温度感にはなりますが、やらないよりは100倍ましなので、本当に困ったら使いましょう。

 

1.クレジット会社にすぐ連絡する。

無断で遅延するよりははるかにいいです。事前に相談しておけばクレヒスに傷がつかないかもしれません。

(ここだけの話、場合によっては猶予してもらえるケースもあるそうです。)

 

2.国民生活センターやクレジットカードの業界団体(日本クレジット協会)に連絡する。

国民生活センターや日本クレジット協会に連絡すると返済について猶予したりいろいろクレジット会社の間に入って折衝してくれるみたいです。どうしても困ったら公共団体に相談しましょう。

 

以上のようにクレジットヒストリ―を傷つけないためには行動することが大切です。何もしなかったら誰も助けてくれません。自分で行動を起こして自分のクレジットヒストリ―を守りましょう。