クレジットカードのリボ払いって何?学生が注意すべき3つのポイント

コイン

クレジットカードの支払い方法は、「一括払い」「分割払い」の他に「リボ払い」を選択することができます。
リボ払いは、分割払いと似たようなもののように思われがちです。
分割払いよりも便利な部分もありますが、分割払いよりも気を付けて利用しなければなりません。

今回は、そんなリボ払いについて、概要と利用する際に注意するべきポイントを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

クレジットカードのリボ払いって何?一括払いや分割払いと何が違うの?

クレジットカードの支払い方法は、大きく分けて3種類!

クレジットカードを利用した際の支払い方法は、一般に「一括払い」「分割払い」「リボ払い」の3種類があります。

 

「一括払い」とは、名前の通り、クレジットカードの締日までに買い物した分の代金が、次の所定支払日に一括で引き落とされる方法で、一番よく使われている支払い方法でしょう。

「分割払い」とは、支払額を分割回数に応じて均等に割る方法です。高額な買い物をした際に、次回支払日に全額支払うのが大変だという場合に利用されます。
例えば、10万円を5回分割した場合、月2万円(+所定の利息)の支払いになるといった具合です。

 

では、「リボ払い」とはどういう支払い方法かというと、「クレジットカードの月額利用代金を一定額にする支払い方法」と考えていただいていいでしょう。
例えば、月の利用代金を2万円に設定しておいたとすると、1月に4万円、2月に5万円使ったとしても、月々の支払いは2万円ずつ定額で引き落としされていくといった具合です。

返済が毎月一定となるのは、一見便利に見えますが、月額返済が2万円なら、「クレジットカード使用額を月2万円以下に抑えなければ損をしてしまう」ということを理解できるかどうかで、リボ払いの恩恵を受けられるかどうかが分かれると言えるでしょう。

 

クレジットカードのリボ払いは、利息がどれぐらいかかるの?

リボ払いを選択した際、分割払いと同様に、所定の利息が計上されます。
クレジットカードにより様々ですが、高利息のクレジットカードであれば年18.0%まで利息としてリボ払い利用分に加算されてしまいますので、注意が必要です。

かつリボ払いは引き落としが定額なので、利用すればするほど完済までの期限が伸びていきます。利息は「金額」と「期間」によって加算されますので、完済期限が伸びれば伸びるほど利息も加算されていきます。

 

リボ払いを利用していても、代金の繰上げ返済は可能

リボ払いは所定の金額しか引き落とされませんが、提携ATMなどで繰上げ返済も可能です。
お金に余裕ができたときに繰上げ返済をしていけば利息も減りますので、リボ払いを利用する際はある程度繰上げ返済は意識しておいた方が良いでしょう。

 

クレジットカードの中には「リボ払い専用カード」が存在する!

クレジットカードの中には、支払い方法をリボ払いしか選ぶことができないものも存在しています。
作ったクレジットカードの支払い方法が、知らないうちにリボ払いになっていたとすると、一括払いや分割払いを選ぶことができるクレジットカードでは払う必要のない利息を払い続けることになります。

ご利用のクレジットカードの支払い方法は、一度確認をしておくことをおすすめします。

 

リボ払いは収入が安定しない学生におすすめ?リボ払いのメリットを解説

ここからは、学生がリボ払いを選択するメリットを説明していきましょう。

「定額払い」のメリットは収入が安定しない学生が最大限に活かせる!

収入源がアルバイトなどに限られている学生は、ほとんどの場合社会人より収入が少ないでしょう。
しかし、交際費や部活動にかかる費用、勉学に資する出費など、それなりにお金を使うことも多いです。そのような時にクレジットカードの利用は便利な支払い方法と言えるのではないでしょうか。

 

特に、月にアルバイトで稼ぐことができる収入が限られている学生の場合には、リボ払いは月額支払いを定額にできるので、クレジットカードの使いすぎで生活に最低限必要な金額まで引き落とされてしまうことがないというメリットがあります。
また、その支払額も、ウェブサイトや書面での申込みで変更することができますので、学業が忙しいときには少なく、大学の長期休暇などにはアルバイトを多めに入れて支払ってしまうということも可能です。

収入の安定しない学生には特にメリットの多い機能と言えるのではないでしょうか。

 

リボ払いを選ぶとポイントやキャッシュバックがもらえるクレジットカードがある!

クレジットカードを申し込むとき、支払い方法をあらかじめリボ払いに選択しておくと、ポイントが付与されたり、実際に使うとキャッシュバックがあったりといった特典があるクレジットカードが多く存在します。

もしクレジットカードを作り、リボ払いを利用する予定があるのであれば、その際に特典の有無も合わせて確認してみると良いでしょう。

 

クレジットカードのリボ払いについて学生が注意するべきポイントは?

ここまで、クレジットカードのリボ払いのメリットを紹介していきましたが、リボ払いを利用する際の注意すべき点を紹介します。

 

リボ払いは定額だからと油断すると危ない!利息がどんどん貯まっていく!

アルバイトや仕送りなどで生活している学生にとっては、先にお伝えしたリボ払いのメリットから「支払いが定額だし、ちょっと多く使っても大丈夫・・」という勘違いに陥ることもあり得ます。

リボ払いは、言い換えれば「一括で払うべきものを、手数料を支払って定額で支払っている状態」ですので、長期的にみて返済の目途が立っていなければ、利息ばかりがどんどん貯まっていき、最終的に支払いができなくなるという最悪の事態が訪れることもあります。
支払いの長期化だけは避けるように心がけましょう。

 

リボ払いの支払いを延滞すると、金融系への就職が難しくなる

長期にわたって支払利息が貯まり、支払い遅延が常習となってくると、最悪の場合、債務整理をしなければならない場合もあります。その際には「就職活動にも響く可能性がある」ということを念頭に置かなればなりません。

特に、金融リテラシーが求められる金融機関にとって、資金繰りに困っている延滞常習者は、就職が極めて困難になると思って間違いないでしょう。特に銀行や消費者金融などは多額の金銭に触れる機会が多くなるので、多重債務者をそのような仕事に就けることは難しいというのが分かります。

 

リボ払いは、きちんとした支払いの意識がなければ、いつの間にか債務が膨らんでいる可能性が高いです。
そうなると自分の就職活動にも影響を与える可能性があることを考える必要があるでしょう。

 

クレジットカードのリボ払いは、月々の負担は少なくなっても返済総額は増える!

何度も説明している通り、リボ払いは返済が定額になるというメリットはありますが、返済総額が減るわけではありません。逆に、支払完了までの期間が長くなることによって利息が多くかかり、返済総額が増えることを忘れないようにしましょう。

返済額を減らすためにも、アルバイト収入などが入った際などは、手元に残ったお金で繰上げ返済をし続けていくのが良いでしょう。

 

もし、高額の買い物がしたいけれど、お金がないからクレジットカードのリボ払いを利用しようとしている方がいらっしゃったら、利息が安い銀行ローン(オリコやジャックスなどの信販会社のローン)を利用しましょう。
リボ払いよりも利息が安く、返済期間も長めに設定できます。もちろん繰上げ返済も可能です。