学生はリボ専用カードを避けるべき?リボ払いのメリット・デメリットまとめ

リボ払い

クレジットカードで支払いしたとき「支払い方法(支払い回数)はどうしますか?」と聞かれたことがあるかと思います。
クレジットカードの支払い方法には、「一回払い(一括)」、「2回以上の分割払い」、「ボーナス払い(これが関係してくるのは社会人になってから)」、「リボ払い」というものが選択できます。

今回は、その中でリボ払いについて掘り下げてみます。
「リボ払いは怖い」ということを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。リボ払いは本当に怖いのでしょうか。うまく活用する方法はないのでしょうか。詳しく見てみましょう。

 

クレジットカードの支払い方法「リボ払い」って何?

リボ払いは、「リボルビング払い」の略称で、クレジットカード代金の支払い方法の一つです。
大きく分けて「残高スライド方式」と「定額払い方式」というものがあります。
リボ払いが怖いのは、手数料が高額となる点で、多くのカード会社が年利15〜18%で設定をしています。

ご紹介した2つの方式で、15万円分の支払いをリボ払いにした場合の、支払い期間と支払い総額を計算してみましょう。

 

リボ払い「残高スライド方式」の支払い期間と手数料はどうなるの?

支払い残高(支払う必要がある残金)に応じて、あらかじめランクが決められており、ランクによって手数料や支払う金額(月額)が変わる方式です。
例えば、残高スライド方式でリボ払い手数料が15%、10万円未満で支払い金額が5000円、10〜20万円で支払い金額が1万円になるカード会社で、15万円分リボ払いを利用したとしましょう。

15万円分をリボ払いに設定すると、最初の支払い月には1万円+手数料を払うことになります。さらに次の月には支払い残高が14万円なので支払い金額は1万円+手数料、6ヶ月目には支払い残高が10万円となるので支払い金額は5千円+手数料、25ヶ月目で支払いが終了します。

リボ手数料は年利が15%なので、1月が30日だとすると、最初の月には15万円×15%×30日/365日=1,849円、次の月には14万円×15%×30日/365日=1,726円、さらに次の月には13万円×15%×30日/365日=1,602円となっていきます。
こうして計算していくと、手数料の総額は20,959円となります。

 

リボ払い「定額払い方式」の支払い期間と手数料はどうなるの?

支払い残高にかかわらず、毎月一定額+手数料を支払う方法です。
利用限度額以内なら、いくら使っても返済額が同じなので、月々の返済は確かに楽です。しかし、支払い期間が長くなり、あといくら残っているのかがわかりにくいので、借金をしているという認識が薄くなりがちです。

15万円をリボ払いに設定したとき、リボ手数料年利15%で5千円ずつ返済すると、15万円÷5千円=30ヶ月かかります。その毎月に手数料がかかりその手数料の総額は28,664円となります。

 

リボ払いの「残高スライド方式」「定額払い方式」の比較とまとめ

今回の例では、返済期間が延びる分、定額払い方式が手数料の総額が高くなりました。
残高スライド方式は、利用金額10万円から最低支払い金額が増えるというものが多いので、リボ払いを利用する金額が10万円未満の場合で、毎月の支払い金額が同じなら、どちらの方法でもリボ手数料は変わりません。

 

クレジットカードの「リボ払い専用カード」って何?特徴は?

クレジットカードには、リボ払い専用カードというものがあります。名前のとおり、支払い方法がリボ払いに限定され、一回払いやリボ払い以外の分割払いは利用できないというものです。
特徴としては、ポイント還元率が通常のクレジットカードよりも格段によかったり、入会キャンペーン等でたくさんのポイントがもらえたりと、魅力的な特典が付帯したものが多くあります。

しかしリボ払いは、前の章でお伝えしたとおり手数料がとても高額であったり、いくら使っているのかわかりにくくいつの間にか限度額いっぱいになってしまったりと、非常に管理の難しいクレジットカードです。
そのため、あまりおすすめはできませんが、その中でも比較的管理しやすいリボ払い専用カードをご紹介します。

 

「三井住友VISAカード エブリプラス」はリボ手数料がかかる月の還元率がアップ!

「三井住友VISAカード エブリプラス」は、年会費が永年無料で、リボ払い手数料がかかった月のポイント還元率が、通常カードの3倍の1.5%となるクレジットカードです。
支払い方法は、自分で支払う月額を設定できる「マイ・ペイすリボ」という方式を取っています。

例えば50,500円の支払いに対して、5万円分をその他の方法で支払い、500円分にリボ手数料がかかるように設定すると、基本ポイントで50ポイント(250円分)に合わせて100ポイント(500円分)がボーナスポイントとして付与されます。
リボ手数料は、年利18%となるため、500円×18%×30日/365日=約7円となるので、通常カードと比べ490円以上もお得になることになります。

 

ただし、三井住友VISAカードを持ちたい学生の方は、学生専用の三井住友VISAデビュープラスカードをおすすめします。
管理が簡単な上、常時通常カードの2倍となる1%のポイント還元率となるので、どうしてもポイントを大量に手に入れたい、管理に自信がある方以外はこちらのカードを利用するといいでしょう。

 

「DCカードジザイル」はau WALLETカードとの併用で2%以上の高還元率になるカード!

「DCカードジザイル」は、年会費が永年無料、月の利用金額1,000円ごとに3ポイント(1ポイント=5円相当)がつく、ポイント還元率は1.5%の高還元率カードです。
支払い金額は月額5,000円、1・2・3・4・5万円と、自分で選ぶことができます。初期設定上は月5,000円となっていますので、毎月の支払いが5万円以下なら、5万円に設定しておくだけで1.5%のポイント高還元率の恩恵が受けられます。

また、ジザイルカードはau WALLETカードとの相性が非常によく、auかんたん決済の引き落としにジザイルを設定しておき、au WALLETカードをチャージして、au WALLETカードをコンビニなどで利用することで、2%以上の高還元率となります。
ただし、設定金額をオーバーして使いすぎてしまうと意味がないので、こちらも管理に自信がある方以外にはおすすめできません。

 

「ファミマTカード」はファミリーマートで最大3.5%の高還元率になるカード!

「ファミマTカード」は、ファミリーマートでの利用でポイント還元率が最大3.5%となる驚異の高還元率カードです。
ファミリーマートでは常時ポイント3倍の1.5%、火曜、土曜日には7倍の3.5%となります。200円で1ポイント分のTポイント(=1円相当)が付与され、Tポイントは1円単位で使うことができます。

実はこのカードは、初期設定では「ミニマム・ペイメント方式」というリボ払いの設定になっていますが、「ずっと全額払い」に設定することで、通常の一回払いと変わらない支払い方法に変えることができます。
ファミマを利用する頻度が高い方は、設定変更をして使うと、高還元率はそのまま安心して利用することができます。

リボ払いは、賢く付き合えばメリットのある支払い方法ですが、クレジットカード初心者の方にはおすすめはしません。
もし特典などを目当てに利用する場合は、自分に合った無理のない方法で使うようにしましょう。