クレジットカードのトラブルと対処方法まとめ

セキュリティ

クレジットカードのトラブルは、対象方法を知れば怖くない!

このサイトでは、クレジットカードを持つメリットをお伝えしてきましたが、それでも「クレジットカードを持ちたくない」と考えている学生さんはいると思います。
そういった方の中には、クレジットカードを利用した犯罪やトラブルが怖いと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

クレジットカードは便利でお得な決済方法ですが、クレジットカードを利用した犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性があることは否定できません。

そこで、この記事では、クレジットカードに関係した犯罪やトラブル、巻き込まれたときの対処方法についてご紹介します。
さらに、クレジットカード会社が行なっている防犯対策などについても紹介していきます。

どういったトラブルが起こる可能性があるか、知っておくことで被害を避けることができる場合もあるため、対策を知った上でクレジットカードのメリットを存分に活用しましょう!

 

クレジットカードを使った犯罪の手口を知ろう

クレジットカードを使った犯罪の手口には、次のようなものがあります。

フィッシング

フィッシングとは、クレジットカード番号といった重要な情報を盗み出すための手口です。
信頼されている大手企業を装って電子メールを送り、巧みに偽のウェブサイト・サーバにアクセスするよう誘導します。

 

スキミング

クレジットカードの磁気情報を不正にコピーして、別のカードに移し替えるなどして偽造する手口をスキミングといいます。

スキミングには手口が2パターンあり、カードそのものを盗まれる場合と、カード情報のみを盗まれる場合があります。
特に後者は、カードが手元にあるため、被害に気づきづらいという問題があります。
レストランなどでカードを置いて離席しているときに情報を盗み出す、ATMや店舗の端末にスキマーと呼ばれる機械を取り付けるなどといった手口があります。

 

クレジットマスター

クレジットカードの番号には規則性があります。その規則性を利用して、総当たりで実際に使われている番号を作り出していく手口をクレジットマスターと言います。
先にご紹介した2つの手口と比べて、個人が対策をしづらいという特徴があります。

 

クレジットカード犯罪を防ぐために自分でできる対策

他人にはカードを渡さない・貸さない

当然のことですが、クレジットカードを他人に渡す・貸すなどはしないようにしましょう。
そもそも、クレジットカードは裏面に記載した署名の本人以外が利用することはできません。

また、他人の手に渡ることがないように普段の管理に気をつけることも重要です。
特に複数枚のクレジットカードを持っている人、作りっぱなしで財布に入れていないカードがある人は、一度保管場所を見直しましょう。

 

暗証番号をわかりやすいものにしない

これもよく言われることですが、暗証番号を簡単に推測できるものにするのは危険です。
生年月日、電話番号、住所、車のナンバーなどと同じ番号は避けましょう。

また、持っているクレジットカードの暗証番号を全て同じにすることも、一つの番号から芋づる式に被害を招くことになるのでやめましょう。

 

クレジットカード会社へのメールアドレス・電話番号登録、本人確認に応じる

クレジットカード会社でも、カードの利用状況のモニタリングを行なっていることが多く、不正利用と思われる支出があった場合には本人確認を行います。
しかし、メールアドレスや電話番号といった、本人と連絡できる手段が登録されていないと、不正利用と発覚するのが遅れてしまうことがあります。

面倒だと感じても、安全のために連絡手段の登録や本人確認には応じるようにしましょう。

 

不審メールに応答しない

ショッピングサイトや運送業者、携帯電話会社といった大手企業の名前を騙ったメールに気をつけましょう。
相手が名乗った名前を信用して記載したURLにアクセスすることはせず、そのサービスを登録したメールアドレスに送られているか、送信元のドメイン(メールアドレスの@より後)が見たこともない文字列になっていないか、内容に不審な点はないかなど、詐欺である可能性を意識するようにすることが大切です。

 

クレジットカードの紛失・盗難にあってしまったら

もしクレジットカードの紛失・盗難にあってしまったら、すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。
多くの会社が24時間年中無休で、クレジットカードの利用停止と、カードの再発行の手続きの案内をしてくれます。

 

また、海外での紛失・盗難には専用の窓口が用意されている場合が多いです。
会社によっては、海外滞在期間中にすぐにカード再発行を行なってくれるところもあります。
不案内な海外でクレジットカードの紛失・盗難にあってしまったら、日本国内より焦ってしまうと思いますが、なるべく速やかにクレジットカード会社に連絡しましょう。

 

同時に財布やパスポートなど、重要なものが盗まれている場合も多いので、警察への連絡もお忘れなく。

 

クレジットカードを破損・汚損してしまったら

汚損・破損、擦れなどで磁気が読み取れなくなったり、カード番号や署名欄が読み取れなくなったりした場合、クレジットカードを利用することができなくなってしまうこともあります。
こういった場合もすぐにクレジットカード会社に連絡し、新しいカードを手配してもらいましょう。

再発行には、当初の発行と同じくらいの時間がかかる上、再発行手数料がかかる場合もありますので、保管には十分注意しましょう。
強い磁気が発生するもの(特にスマートフォン)の側で保管することは、必ず磁気が壊れるというわけではありませんが、避けましょう。摩擦や反りなども磁気破損の原因となります。
カードカバーも市販されているので、必要に応じて利用するといいかもしれません。

 

クレジットカード会社が行なっている防犯対策

クレジットカードを利用した犯罪は、クレジットカード会社にとっても信用を損なう可能性がある大問題です。
そこで、クレジットカード会社も犯罪を未然に防ぐ対策と、発生時の被害を補償する取組みを行なっています。

 

ICチップの搭載

ICチップは磁気よりも偽造されにくいため、普及が進んでいます。更新の時期に順次ICチップ搭載カードに交換を行なっている会社も多くあります。

 

顔写真による本人認証

本人確認の手段のひとつとして、本人の顔写真を載せることができるクレジットカードもあります。

 

不正利用検知システム(モニタリング)

クレジットカードの利用は、クレジットカード会社によって常時監視されています。
短い間隔で大量に買い物をする、住所と遠く離れた場所で利用するといった、不審と思われる行動パターンがあった場合に検知するシステムが働きます。

 

ネットショッピングでの本人認証

ネットショッピング時に、クレジットカード情報に加え、パスワード等の情報を入力することで、本人認証を行うクレジットカード会社もあります

 

損害補償

不正利用が発覚した場合、クレジットカード会社が利用時に遡って被害額を補償してくれます。

 

ただし、クレジットカード会社やカードの種類によって、施されている安全対策は異なります。
自分が持っている、または申し込もうとしているクレジットカードにどういった安全対策がされているかは、事前に把握しておくようにしましょう。